「日産エルグランド」に専用シートを備える特別仕様車

2008.11.10 自動車ニュース

「日産エルグランド」に専用シートを備える特別仕様車

日産自動車のミニバン「エルグランド」に、3つの特別仕様車が追加された。

■装備充実の特別仕様車2モデルをリリース

日産自動車は、「エルグランド」に特別仕様車「350ハイウェイスター ブラックレザーナビエディション」「250ハイウェイスター ブラックレザーナビエディション」および「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」を設定、2008年11月10日から販売を開始した。

3モデルとも、「ハイウェイスター」をベースに装備を充実。エスプレッソレザープレミアムセレクションは、シルバー、レッドに続く、レザー特別仕様車シリーズとして新たに設定された。

3モデル共通の追加装備として、カーウイングスナビシステムをはじめ、フロントシートヒーター、運転席パワーシート、セカンドシートオットマン/フットレスト/アームレスト角度調整機能/大型ヘッドレストが備わる。
これに加えて、350ハイウェイスター ブラックレザーナビエディションには、ツインモニターシステムとアラウンドビューモニターが装備される。
さらにエスプレッソレザープレミアムセレクションには、上記のほか、地デジチューナー、電動カーテン、ブラッククオーツ調インストパネルを追加、高級感アップを狙う。

シートは、専用の本革・サプラーレシートが採用され、ブラックレザーナビエディションは、シート色がブラック&ダークシルバーエッジ付き。エスプレッソレザープレミアムセレクションは、ダークブラウンのシートになる。

ボディカラーは、「ホワイトパール」「ミスティックブラック」「ブレードシルバー」「ディープカシス」の4色から選べる。

価格は、350ハイウェイスター ブラックレザーナビエディションが、ベース車比63万4200円高の406万8750円、250ハイウェイスター ブラックレザーナビエディションが、39万2700円アップの361万7250円となる。エスプレッソレザープレミアムセレクションは、89万6700円高の433万1250円で販売される。それぞれの4WD仕様はプラス32万4450円で用意される。

■オーテックからは「ブラックレザーアーバンセレクション」

日産の関連会社オーテックジャパンも、エルグランドに特別仕様車を追加設定。2008年11月10日から「350ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクション」「250ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクション」を発売する。

ハイウェイスター ブラックレザーナビエディションをベースに、フロントプロテクター、スポーツマフラー、クリアリヤコンビランプなどが採用されるほか、地デジチューナー、後席用9インチモニター(350はベース車に標準装備)も追加で装備される。

ボディカラーは、ベース車と同じ4色から選択可能。

価格は、350ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクションが、ベース車から21万円アップの427万8750円。250ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクションは、36万150円高の397万7400円となる。4WD仕様は32万4450円高。

(webCG 依田)

「350ハイウェイスターブラックレザーエディション」
「350ハイウェイスターブラックレザーエディション」
「350ハイウェイスター ブラックレザーエディション」のインパネ
「350ハイウェイスター ブラックレザーエディション」のインパネ
「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」
「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」
「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」のインテリア
「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」のインテリア
「ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクション」
「ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エルグランドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る