「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更

2012.11.28 自動車ニュース

「キャデラックSRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年11月28日、「SRXクロスオーバー」の改良モデルを発表した。ベーシックグレード「SRXクロスオーバー ラグジュアリー」が2013年1月12日に、上級グレードの「SRXクロスオーバー プレミアム」は2013年3月に発売される。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルをよりシャープなデザインに変更したほか、レーダーやカメラなどを使用した安全装備を新たに導入。また、「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」と呼ばれる、情報・エンターテインメントシステムを操作する統合的なコントロールロジックを採用した。

衝突回避および被害軽減を目的とする安全装備では、車両後方を横切る車両や人を感知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(後退時安全確認警告機能)」、死角にいる車両を警告する「サイド・ブラインドゾーン・アラート」を全グレードに標準で装備。
さらに、上級グレードの「プレミアム」には、「アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従機能)」「フォワード・コリジョン・アラート(前方衝突事前警告機能)」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告機能)」「フロント&リア・オートマチック・ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ、前進/後退)」と、これらの警告をシートが振動することで知らせる「セーフティ・アラート・ドライバーシート(警告振動機能付き)」が搭載される。

iPodなどの音楽プレーヤーや携帯電話がBluetoothで接続できる「CUE」は、ステアリングホイールに設けられたスイッチのほか、インストゥルメントパネルの8インチモニターで操作が可能。手を近づけるだけで表示が変わる「近接検知」や、操作を振動で伝える「触覚フィードバック」などを採用する。
また、雑音を逆位相の音によって打ち消す技術「アクティブ・ノイズ・キャンセレーション」も備える。

搭載されるエンジンはこれまで通りレギュラーガソリン仕様の3リッターV6。269psと30.8kgmのスペックに変更はなく、6段ATと電子制御4WDシステムが組み合わされる。

価格は「キャデラックSRXクロスオーバー ラグジュアリー」が499万円。「キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム」が625万円。

(文と写真=工藤考浩)

「キャデラックSRXクロスオーバー」
「キャデラックSRXクロスオーバー」

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • 装備を強化した最新の「メルセデス・ベンツSクラス」上陸 2017.8.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月9日、フラッグシップセダン「メルセデス・ベンツSクラス」のマイナーチェンジモデルを発表。同日、予約受注を開始した。価格は「S400」の1128万円から「メルセデスAMG S65ロング」の3323万円まで。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る