「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更

2012.11.28 自動車ニュース

「キャデラックSRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年11月28日、「SRXクロスオーバー」の改良モデルを発表した。ベーシックグレード「SRXクロスオーバー ラグジュアリー」が2013年1月12日に、上級グレードの「SRXクロスオーバー プレミアム」は2013年3月に発売される。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルをよりシャープなデザインに変更したほか、レーダーやカメラなどを使用した安全装備を新たに導入。また、「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」と呼ばれる、情報・エンターテインメントシステムを操作する統合的なコントロールロジックを採用した。

衝突回避および被害軽減を目的とする安全装備では、車両後方を横切る車両や人を感知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(後退時安全確認警告機能)」、死角にいる車両を警告する「サイド・ブラインドゾーン・アラート」を全グレードに標準で装備。
さらに、上級グレードの「プレミアム」には、「アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従機能)」「フォワード・コリジョン・アラート(前方衝突事前警告機能)」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告機能)」「フロント&リア・オートマチック・ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ、前進/後退)」と、これらの警告をシートが振動することで知らせる「セーフティ・アラート・ドライバーシート(警告振動機能付き)」が搭載される。

iPodなどの音楽プレーヤーや携帯電話がBluetoothで接続できる「CUE」は、ステアリングホイールに設けられたスイッチのほか、インストゥルメントパネルの8インチモニターで操作が可能。手を近づけるだけで表示が変わる「近接検知」や、操作を振動で伝える「触覚フィードバック」などを採用する。
また、雑音を逆位相の音によって打ち消す技術「アクティブ・ノイズ・キャンセレーション」も備える。

搭載されるエンジンはこれまで通りレギュラーガソリン仕様の3リッターV6。269psと30.8kgmのスペックに変更はなく、6段ATと電子制御4WDシステムが組み合わされる。

価格は「キャデラックSRXクロスオーバー ラグジュアリー」が499万円。「キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム」が625万円。

(文と写真=工藤考浩)

「キャデラックSRXクロスオーバー」
「キャデラックSRXクロスオーバー」

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • 8段AT搭載の「キャデラック・エスカレード」発売 2017.6.13 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが、一部改良を受けた「キャデラック・エスカレード」の日本導入を発表。既存の6段ATに替えて新たに8段ATが搭載されたほか、走破性能やけん引性能を高めるローレンジが追加されている。
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
  • 「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場 2017.6.19 自動車ニュース 英ジャガーがスポーツワゴンの新型「XFスポーツブレイク」をロンドンで初公開した。同社のEセグメントモデル「XF」のワゴンバージョンで、最大で1700リッターの荷室容量を実現。駆動方式には、FRに加えて4WDも用意されている。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
ホームへ戻る