「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更

2012.11.28 自動車ニュース

「キャデラックSRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年11月28日、「SRXクロスオーバー」の改良モデルを発表した。ベーシックグレード「SRXクロスオーバー ラグジュアリー」が2013年1月12日に、上級グレードの「SRXクロスオーバー プレミアム」は2013年3月に発売される。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルをよりシャープなデザインに変更したほか、レーダーやカメラなどを使用した安全装備を新たに導入。また、「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」と呼ばれる、情報・エンターテインメントシステムを操作する統合的なコントロールロジックを採用した。

衝突回避および被害軽減を目的とする安全装備では、車両後方を横切る車両や人を感知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(後退時安全確認警告機能)」、死角にいる車両を警告する「サイド・ブラインドゾーン・アラート」を全グレードに標準で装備。
さらに、上級グレードの「プレミアム」には、「アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従機能)」「フォワード・コリジョン・アラート(前方衝突事前警告機能)」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告機能)」「フロント&リア・オートマチック・ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ、前進/後退)」と、これらの警告をシートが振動することで知らせる「セーフティ・アラート・ドライバーシート(警告振動機能付き)」が搭載される。

iPodなどの音楽プレーヤーや携帯電話がBluetoothで接続できる「CUE」は、ステアリングホイールに設けられたスイッチのほか、インストゥルメントパネルの8インチモニターで操作が可能。手を近づけるだけで表示が変わる「近接検知」や、操作を振動で伝える「触覚フィードバック」などを採用する。
また、雑音を逆位相の音によって打ち消す技術「アクティブ・ノイズ・キャンセレーション」も備える。

搭載されるエンジンはこれまで通りレギュラーガソリン仕様の3リッターV6。269psと30.8kgmのスペックに変更はなく、6段ATと電子制御4WDシステムが組み合わされる。

価格は「キャデラックSRXクロスオーバー ラグジュアリー」が499万円。「キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム」が625万円。

(文と写真=工藤考浩)

「キャデラックSRXクロスオーバー」
「キャデラックSRXクロスオーバー」

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像

「キャデラックSRXクロスオーバー」が小変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • キャデラック・エスカレード(4WD/6AT)【海外試乗記】 2015.3.5 試乗記 アメリカを代表するプレミアムブランド、キャデラックのラグジュアリーSUV「エスカレード」がフルモデルチェンジ。巨大なボディーに宿る、アメリカ車ならではの魅力に触れた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る