【スペック】全長×全幅×全高=4628×1891×1713mm/ホイールベース=2774mm/車両重量=1825kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)(欧州仕様車)

ボルボXC60 T-6(4WD/6AT)【海外試乗記】

これはボルボなのか? 2008.11.10 試乗記 ボルボXC60 T-6(4WD/6AT)

「BMW X3」を筆頭に「アウディQ5」「メルセデス・ベンツGLK」など、活況を呈するコンパクトSUV市場に、ボルボが投入したモデルが「XC60」。あらゆる意味で驚くことばかりだったという、そのわけは……。

殻を打ち破った!

ヨーロッパで今、もっとも熱いカテゴリーといえるコンパクトSUVのマーケットに、ボルボが送り出すニューモデル、XC60のこのスタイリング、おそらく多くの人が「これがボルボ?」と驚くに違いない。なだらかな線と面で構成されたフォルムは、サイドから見ると明確なウェッジを描き、くびれたウエストと大きく張り出したリアフェンダーが艶かしい雰囲気をつくりだしている。Vシェイプのボンネットや張り出したショルダーといったアイデンティティも踏襲されてはいるが、やはり正直、ボルボとは思えないほどの若々しさといえる。

インテリアから受ける印象も同様だ。象徴的なのは、ポップアップ式からようやくビルトイン式とされたナビ画面や、フリーフローティングセンタースタックが明確にドライバー側へと向けられていること。ボルボらしい温もりを感じさせる素材感や色遣いにこそ変化はないが、やはり今までのモデルとはちょっと違う。

もちろん、それは単なる意匠の問題ではなく、つくり手からのなんらかのメッセージが込められたものだと解釈するべきだろう。なにが言いたいかといえば、このXC60、見た目ばかりでなく走りに関しても、これまでの殻を打ち破るものに仕上がっているということである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
ホームへ戻る