GMから新型コンセプト「シボレーGPiX」登場

2008.11.07 自動車ニュース

GMから新型コンセプト「シボレーGPiX」登場

米ゼネラルモーターズは、第25回サンパウロモーターショー(一般公開日:2008年10月30日〜11月9日)においてクロスオーバークーペコンセプト「シボレーGPiX」を発表した。

「GPiX」はブラジルのGMデザイン部門が開発を担当した、2ドアのコンセプトモデルだ。
シボレー車おなじみのボウタイ型エンブレムやLEDのヘッドランプなどで、個性を演出。ダイナミックで躍動感に満ちたスタイリングをウリとする。
GMラテンアメリカ・アフリカ・中東ゼネラルディレクターのカルロス・バーバ氏によれば、「スポーティなデザインや優れた多用途性を備え十分な最低地上高を確保するなど、主な市場となる南米の地理的な特性に配慮した設計となっている」。

車名は、グローバルの「G」と、ピクチャーやイメージを意味する「Pix」からなる造語。市販化の折には、ブラジル・メルコスール(南米南部共同市場)地域における、同社の新セグメント市場開拓モデルになるのだという。

(webCG 関)

「シボレーGPiX」
GMから新型コンセプト「シボレーGPiX」登場
ホイールは、17インチ。パノラミックガラスルーフを備える。
GMから新型コンセプト「シボレーGPiX」登場
デジタル表示のディスプレイが特徴。定員は4名となっている。
GMから新型コンセプト「シボレーGPiX」登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。