【スペック】タルガ4S:全長×全幅×全高=4435×1852×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(385ps/6500rpm、42.84kgm/4400rpm)(欧州仕様車)/価格=1681.0万円

ポルシェ911タルガ4(4WD/7AT)/タルガ4S(4WD/7AT)【海外試乗記】

まずは快適性 2008.11.07 試乗記 ポルシェ911タルガ4(4WD/7AT)/タルガ4S(4WD/7AT)
……1466.0万円/1681.0万円
燃費向上を狙い、直噴システム&ツインクラッチ化が進む911シリーズの最新モデル「タルガ4」に試乗。クーペとの走りの違いとは。

997型「タルガ」も直噴化

「ポルシェ911タルガ」――1960年代に厳しさを増したアメリカの安全基準を満たすべく、「カブリオレに屈強な固定式ロールオーバー・バーをプラスする」という形態で誕生したのがこのボディ。
その後、技術の進歩によりフルオープンボディでも高い安全性を確保できるようになると、「タルガ」はクーペ、カブリオレに続く“第3のボディ”として911シリーズの一員に定着した。

さらに、「最後の空冷911」こと993型に1995年投入されたモデルからは、同じ「タルガ」の名称を用いつつ、それまでのデタッチャブルトップ方式から電動のスライディング機構を備えたオールガラスルーフを採用。新たなる魅力をアピールした。当初のタルガボディに比べるとオープンエアの感覚は薄れたが、一方でクーペと同等の耐候性の高さや、髪の乱れを気にせずに外気との触れ合いを味わえるモデルとして、実は女性ユーザーからの支持も高いというのが昨今のタルガである。

そんな911タルガの最新モデル=997型が、クーペ/カブリオレの後を追ってマイナーチェンジ。その内容はもちろん「完全新設計による直噴エンジンの搭載」と「トルコンAT式のティプトロニックに代わるデュアル・クラッチ・トランスミッション、“PDK”の設定」という例のメニューがメインになる。

これにより、997型の911シリーズは、ターボチャージャー付きの「911ターボ」や「GT2」、高回転・高出力型のスペシャルエンジンを搭載した「GT3」を除いた全てのモデルで、前出のパワーパックへの刷新が終了したことになる。

タルガの特徴となるスライド式のガラスルーフ。サンルーフのスライド量は50cm、開口部の面積は0.45平方メートルとなる。もちろん紫外線をカットするUVフィルター付き。
タルガの特徴となるスライド式のガラスルーフ。サンルーフのスライド量は50cm、開口部の面積は0.45平方メートルとなる。もちろん紫外線をカットするUVフィルター付き。
911シリーズのなかで唯一ハッチバック式リアウィンドウも持つタルガ。リアシートを倒すと約230リッターの荷室容量を確保できる。ちなみに、安全のため、テールゲートを開ける場合は、ガラスルーフを閉め、サンルーフを開ける時はテールゲートを閉めないといけない。
911シリーズのなかで唯一ハッチバック式リアウィンドウも持つタルガ。リアシートを倒すと約230リッターの荷室容量を確保できる。ちなみに、安全のため、テールゲートを開ける場合は、ガラスルーフを閉め、サンルーフを開ける時はテールゲートを閉めないといけない。

ポルシェ911タルガ4(4WD/7AT)/タルガ4S(4WD/7AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911タルガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る