第66回:大矢アキオの「桜木町ブルース」
「TOKYO MOTOR WEEK 2008」訪問記

2008.11.06 エッセイ

第66回:大矢アキオの「桜木町ブルース」 「東京モーターウィーク2008」訪問記

11月1日から3日に行なわれた「TOKYO MOTOR WEEK 2008」横浜会場。
第66回:大矢アキオの「桜木町ブルース」 「東京モーターウィーク2008」訪問記

あなた知ってる〜♪

ボクは横浜が苦手である。
東京の八王子ナンバー地区に生まれたボクにとって、「横浜はカッコいい憧れの地」だった。しかし、多摩地区から行こうとすると、たとえ最短距離であっても本数が少なく不便なJR横浜線を使わざるを得なかったからだ。
クルマを運転するようになってからも、国道16号の橋本五差路をはじめとする渋滞で、行くのが億劫になった。

社会人になると、横浜生まれの上司が少年時代の思い出話なんぞをするので、さらに参った。かくして、横浜コンプレックスがボクの中に醸成されていったのである。

さて、他のページでも紹介されているように、今年は「東京モーターショー」のかわりに、「東京モーターウィーク」なる無料イベントが計画されている。
ちょうど東京に来ていたボクがその情報を入手し詳細を読むと、第1週目である11月1日から3日の会場はお台場と横浜だという。

お台場のほうが近いけれど、せっかく都心(八王子じゃなくて)にいるし……。よく考えると、今日まで一度たりとも、都内から電車で横浜に行ったことがないボクは、「ナビタイム」で電車の乗換案内を調べてみた。すると、たった1時間で行けるではないか。

「そんな当たり前のことを天下の(?)『webCG』に書くな」というなかれ。当時、横浜まで3時間かかるのが当たり前の地で生まれた者にとっては、東京と横浜が近いということは、それだけで驚きなのである。

会場となっているみなとみらい地区に一番近いJR駅は桜木町。というわけで心の中で、桜木町にちなんだあの有名な歌を歌いながら、京浜東北線に乗った。
しかし、桜木町のホームに降り立った瞬間、とんでもない勘違いをしていることに気がついた。「あなた知ってる 港ヨコハマ〜」で始まる青江三奈のムード歌謡は、桜木町ブルースではなく伊勢佐木町ブルースだった。これだからハマっ子にバカにされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。