「アルピナB7 ビターボ」が550psにパワーアップ

2012.11.28 自動車ニュース

「アルピナB7 ビターボ」の最高出力が550psに向上

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2012年11月28日、「BMWアルピナB7 ビターボ」の改良モデルの受注を、同年12月1日に開始すると発表した。

「BMWアルピナB7 ビターボ」は、「BMW 7シリーズ」をベースにアルピナが独自に仕立てた、同社のフラッグシップサルーンである。

今回は2012年7月に実施された「BMW 7シリーズ」の仕様変更にともない、フロントマスクをフェイスリフト。20インチホイールにも新しいデザインが取り入れられた。

4.4リッターV8ツインターボエンジンにも改良が加えられており、最高出力は従来モデルより30psアップの550ps、最大トルクは1.5kgmアップの74.4kgmを発生。0-100km/h加速は4.6秒、最高時速は312km/hとなった。

価格は1895万円。オプションで4WDシステム(55万円)やロングボディー(220万円)が選択できる。

(webCG)

「BMWアルピナB7 ビターボ」
「BMWアルピナB7 ビターボ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.11 試乗記 「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」に試乗。アルピナはこの600psと800Nmを誇るフラッグシップ4ドアクーペにいったいどんなメッセージを込めたのだろうか。高速道路で、そしてワインディングロードで読み解いた。
ホームへ戻る