「アルピナB7 ビターボ」が550psにパワーアップ

2012.11.28 自動車ニュース

「アルピナB7 ビターボ」の最高出力が550psに向上

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2012年11月28日、「BMWアルピナB7 ビターボ」の改良モデルの受注を、同年12月1日に開始すると発表した。

「BMWアルピナB7 ビターボ」は、「BMW 7シリーズ」をベースにアルピナが独自に仕立てた、同社のフラッグシップサルーンである。

今回は2012年7月に実施された「BMW 7シリーズ」の仕様変更にともない、フロントマスクをフェイスリフト。20インチホイールにも新しいデザインが取り入れられた。

4.4リッターV8ツインターボエンジンにも改良が加えられており、最高出力は従来モデルより30psアップの550ps、最大トルクは1.5kgmアップの74.4kgmを発生。0-100km/h加速は4.6秒、最高時速は312km/hとなった。

価格は1895万円。オプションで4WDシステム(55万円)やロングボディー(220万円)が選択できる。

(webCG)

「BMWアルピナB7 ビターボ」
「BMWアルピナB7 ビターボ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る