2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベスト決定

2008.11.04 自動車ニュース
「トヨタiQ」
2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベスト決定

2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベスト決定

2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会が、2008年11月4日に行われた。

2007年11月1日から2008年10月31日までに国内で発表された国内および海外メーカーの新型車、計41車種が選考対象としてノミネートされ、今回の一次選考で上位10台の「10ベストカー」が選出された。ただし、本年度は同数の票を獲得した車種があったため、11台が11月11日の最終選考に進むことになる。

選出された11台は以下のとおり。
トヨタiQ
日産GT-R
ホンダ・フリード
マツダ・アテンザ
スバル・エクシーガ
スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー
ダイハツ・タント
アウディA4
シトロエンC5
フィアット500
ジャガーXF

(webCG 本諏訪)

「ジャガーXF」
2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベスト決定

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。