最終戦ブラジルGP決勝結果【F1 08 速報】

2008.11.03 自動車ニュース

【F1 08 速報】最終戦ブラジルGP、ハミルトン最年少チャンピオンに!

F1世界選手権第18(最終)戦ブラジルGP決勝が、2008年11月2日、ブラジルはサンパウロにあるアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(通称インテルラゴス/4.309km)を71周して行われた。

ルイス・ハミルトン対フェリッペ・マッサのチャンピオン決定戦は、スタート直前に雨、そしてゴール目前にまた雨と、最後まで手に汗握る戦いが繰り広げられた。最終周にハミルトンが必要最低限の5位に順位を上げたことにより、23歳のマクラーレン・ドライバーが最年少ワールドチャンピオンに輝いた。

僅か1点差で敗れたマッサは、完璧なレースで大勢の母国ファンの前で今シーズン6勝目を飾った。

2位に入ったのはフェルナンド・アロンソ、3位はキミ・ライコネン。フェラーリは最終戦で1-3フィニッシュし、コンストラクターズタイトルを獲得した。

チャンピオン争いに大きな影響を与えたトロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが4位。ハミルトン5位を挟み、やはり勝敗のカギを握ったトヨタのティモ・グロックが6位でゴール。マクラーレン・メルセデスのヘイキ・コバライネンが7位、そしてトヨタのヤルノ・トゥルーリが8位に入り、ポイントを獲得した。

以下、9位マーク・ウェバー(レッドブル・ルノー)、10位ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、11位ロバート・クビサ(BMW)、12位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・トヨタ)、13位ジェンソン・バトン(ホンダ)、14位セバスチャン・ブルデー(トロロッソ)、15位ルーベンス・バリケロ(ホンダ)、16位エイドリアン・スーティル(フォースインディア・フェラーリ)、17位中嶋一貴(ウィリアムズ)、18位ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア)が完走した。

2008年シーズンのチャンピオンシップ結果は以下のとおり。

ドライバーズチャンピオンシップ
1位 ルイス・ハミルトン 98点
2位 フェリッペ・マッサ 97点
3位 キミ・ライコネン 75点
4位 ロバート・クビサ 75点
5位 フェルナンド・アロンソ 61点
6位 ニック・ハイドフェルド 60点
7位 ヘイキ・コバライネン 53点
8位 セバスチャン・ベッテル 35点
9位 ヤルノ・トゥルーリ 31点
10位 ティモ・グロック 25点
11位 マーク・ウェバー 21点
12位 ネルソン・ピケJr. 19点
13位 ニコ・ロズベルグ 17点
14位 ルーベンス・バリケロ 11点
15位 中嶋一貴 9点
16位 デイヴィッド・クルタード 8点
17位 セバスチャン・ブルデー 4点
18位 ジェンソン・バトン 3点

コンストラクターズチャンピオンシップ
1位 フェラーリ 172点
2位 マクラーレン・メルセデス 151点
3位 BMWザウバー 135点
4位 ルノー 80点
5位 トヨタ 56点
6位 トロロッソ・フェラーリ 39点
7位 レッドブル・ルノー 29点
8位 ウィリアムズ・トヨタ 26点
9位 ホンダ 14点

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。