第375回:SCOOP!! ボルボが変わった……
いまだかつてないセクシーSUV「XC60」現る!

2008.10.30 エッセイ

第375回:SCOOP!! ボルボが変わった……いまだかつてないセクシーSUV「XC60」現る!

大胆に変身したボルボ

うーむ、ついにコッチの世界に来てしまいましたね……という感じですわ。ボルボの新型SUV「XC60」。

前回お届けしたように、小沢はヨーロッパ取材に行っておりました。メインはボルボ期待の「XC60」。全長4628×全幅1891×全高1713mmのいわゆるプレミアムコンパクト(ミディアム?)SUVで、現在不況のヨーロッパでも猛威、ってほどじゃないけど高い人気を誇る「BMW X3」や「VWティグアン」あたりと同じカテゴリーだ。
発表は去年のジュネーブショーで、あの時は「ボルボもついにこのクラスに参入か!」ぐらいに軽く考えてたんだけど、実車をみてビックリ!! 新規参入どころか、こりゃボルボブランド全体の一大革命であり大変身ですよ!!

まずはデザイン。試乗会はスペインのバレンシアで行われたんだけど、ひと目みてムムッ? 写真だけ見た時は、単純に今までの路線の継承で、ようするに「XC90」の縮小版でしょう? と思ってたけど全然違う。

横長逆台形のフロントグリルといい、変形ヘッドランプといい、たしかに従来のボルボの路線を逸脱はしていない。しかし、よくよく見るとグリルはよりサイズの大きい、縦長の逆ホームベース型になってるし、ライトも有機的かつ立体的なデザインになってる。
そしてなんといっても全体のフォルムであり、醸し出すムードがたまらない。以前のマッチョだがマジメでスクエアな感じはどこへやら。真横から見るとかなり前のめりなクサビ形デザインになってるし、サイドの断面も最新アウディを思わせるほどエレガント。

ようするに現行ボルボの象徴だった筋肉モリモリなショルダーは残ってはいるものの、全体になだらかかつとろけるようなセクシー路線に“翻訳”されており、まさに今流行のエモーショナルデザインなのだ!

前後バンパーの四つ角には、鋭くえぐられた“エラ”のような絞りも付いており、これまた刺激的。
いわばムキムキのマジメマッチョな男が、いきなりほどよく遊びの入ったセクシー部長になっちゃったようなもんで、これはかなり大胆な変身だ。
個人的には、X3はもちろん、今後このクラスを引っ張るであろう「アウディQ5」よりも情緒的なカタチだと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』