「スバル・レガシィ」シリーズに、グッとお安い特別仕様車

2008.10.30 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」シリーズに、グッとお安い特別仕様車

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズに特別仕様車「Smart Selection」(スマートセレクション)を設定。2008年10月29日に発売した。

今回の「スマートセレクション」は、レガシィツーリングワゴン/B4の「2.0i」「2.5i」「2.0GT」、レガシィアウトバックの「2.5i」をベースに装備を追加しつつ、価格を抑えた特別仕様車だ。

特別装備の内容は、専用のシート表皮やHIDプロジェクターロービームランプ、運転席8ウェイパワーシートなど。さらにモデル別に、16インチアルミホイールやエレクトロルミネセントメーターなども盛り込まれる。

価格は以下のとおり。レガシィツーリングワゴン/B4の「2.0i」のみ据え置きで、それ以外はベースモデルより15万7500円ずつ安くなる。

レガシィツーリングワゴン
・「2.0i スマートセレクション」:229万9500円
・「2.5i スマートセレクション」:255万1500円
・「2.0GT スマートセレクション」:310万2750円
レガシィB4
・「2.0i スマートセレクション」:214万2000円
・「2.5i スマートセレクション」:239万9250円
・「2.0GT スマートセレクション」:295万500円
レガシィアウトバック
・「2.5i スマートセレクション」:276万1500円

また、合計2000台分の限定ながら、オプションでビルトインHDDナビ「Smart Selection plus HDD Navi」(15万7500円)を選ぶこともできる。

(webCG 関)

レガシィツーリングワゴン「2.0i スマートセレクション」
レガシィツーリングワゴン「2.0i スマートセレクション」

関連キーワード:
レガシィB4レガシィアウトバックレガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る