「ピレリカレンダー」2013年版の内容が明らかに

2012.11.28 自動車ニュース

「ピレリカレンダー」2013年版の内容が明らかに

2012年11月27日、イタリアのタイヤメーカー ピレリはブラジルのリオ・デ・ジャネイロにおいて、2013年版の「ピレリカレンダー」を発表した。

その写真の美しさから、芸術作品としても扱われる「ピレリカレンダー」。40作目となる2013年版は、スティーブ・マッカリー氏をフォトグラファーに迎え、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを舞台に撮影、制作された。

毎回、女性のトップモデルが多数参加し、艶やかな姿を見せることで知られるピレリカレンダーだが、2013年版では、プロフェッショナルなモデルに加えて、一般市民や街の落書きの顔(!)なども収録。
「私にとっての写真は、日常の大きな事件やささいな出来事を伝える重要な表現手段。ブラジルの風景、経済、文化を人々とともに描きたかった」「(人道的組織、プロジェクト、NGOに積極的に参画している)今年のモデルたちは、みな慈愛に満ち、明確な目的を持った人々。だから私は、彼女たちを特別な場所(=リオ)で撮影したかった」と、撮影にのぞんだマッカリー氏はコメントしている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。