新型「フェアレディZ」の写真が公開

2008.10.30 自動車ニュース

新型「フェアレディZ」の写真が公開

日産自動車は、2008年12月に発表予定の新型「フェアレディZ」の写真を公開した。

■ハイパワーFRスポーツらしいプロポーション

日産自動車は、同社を代表するスポーツカー「フェアレディZ」を、2008年12月にフルモデルチェンジすると発表。デビューに先駆け3枚のオフィシャルフォトを公開した。

新型は、2002年にデビューした現行モデルのイメージを継承しながら、よりメリハリのきいたスタイルを採用。注目は、なんといってもタイヤをボディの4隅に近づけ、同時にフェンダーのふくらみを強調したエクステリアデザインだろう。現時点では実際の数値は不明だが、見た感じ、車体がコンパクトになった印象。エンジンをボンネット後ろ寄りに搭載した素性の良いパッケージングと、ハイパワーFRスポーツならではの後輪を力強く掻くさまを連想させるスタイリングだ。

搭載されるエンジンは、現行モデルより排気量が200cc大きい、3.7リッターV6、いわゆる「VQ37」だ。スカイラインクーペなどにも搭載されるこのV6は、VVEL(可変バルブタイミング&リフト機構)により、アクセルレスポンスの向上やトルクアップ、燃費向上を実現。すでに内外で高い評価を得ているエンジンだ。

正式デビューの場は、2008年11月19日のロサンゼルス・モーターショー。ちなみに北米では「370Z」と呼ばれ、2009年初旬に発売される予定となっている。

なお、日産自動車は新型フェアレディZのスペシャルサイトを立ち上げ、発表までの間に随時情報を公開していくという。

新型フェアレディZ公式サイト:
http://www.nissan.co.jp/Z/NEW/

(webCG 曽宮)

「ニッサン370Z」(北米仕様)
「ニッサン370Z」(北米仕様)

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る