新型「フェアレディZ」の写真が公開

2008.10.30 自動車ニュース

新型「フェアレディZ」の写真が公開

日産自動車は、2008年12月に発表予定の新型「フェアレディZ」の写真を公開した。

■ハイパワーFRスポーツらしいプロポーション

日産自動車は、同社を代表するスポーツカー「フェアレディZ」を、2008年12月にフルモデルチェンジすると発表。デビューに先駆け3枚のオフィシャルフォトを公開した。

新型は、2002年にデビューした現行モデルのイメージを継承しながら、よりメリハリのきいたスタイルを採用。注目は、なんといってもタイヤをボディの4隅に近づけ、同時にフェンダーのふくらみを強調したエクステリアデザインだろう。現時点では実際の数値は不明だが、見た感じ、車体がコンパクトになった印象。エンジンをボンネット後ろ寄りに搭載した素性の良いパッケージングと、ハイパワーFRスポーツならではの後輪を力強く掻くさまを連想させるスタイリングだ。

搭載されるエンジンは、現行モデルより排気量が200cc大きい、3.7リッターV6、いわゆる「VQ37」だ。スカイラインクーペなどにも搭載されるこのV6は、VVEL(可変バルブタイミング&リフト機構)により、アクセルレスポンスの向上やトルクアップ、燃費向上を実現。すでに内外で高い評価を得ているエンジンだ。

正式デビューの場は、2008年11月19日のロサンゼルス・モーターショー。ちなみに北米では「370Z」と呼ばれ、2009年初旬に発売される予定となっている。

なお、日産自動車は新型フェアレディZのスペシャルサイトを立ち上げ、発表までの間に随時情報を公開していくという。

新型フェアレディZ公式サイト:
http://www.nissan.co.jp/Z/NEW/

(webCG 曽宮)

「ニッサン370Z」(北米仕様)
「ニッサン370Z」(北米仕様)

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像

関連キーワード:
フェアレディZ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る