新型「フェアレディZ」の写真が公開

2008.10.30 自動車ニュース

新型「フェアレディZ」の写真が公開

日産自動車は、2008年12月に発表予定の新型「フェアレディZ」の写真を公開した。

■ハイパワーFRスポーツらしいプロポーション

日産自動車は、同社を代表するスポーツカー「フェアレディZ」を、2008年12月にフルモデルチェンジすると発表。デビューに先駆け3枚のオフィシャルフォトを公開した。

新型は、2002年にデビューした現行モデルのイメージを継承しながら、よりメリハリのきいたスタイルを採用。注目は、なんといってもタイヤをボディの4隅に近づけ、同時にフェンダーのふくらみを強調したエクステリアデザインだろう。現時点では実際の数値は不明だが、見た感じ、車体がコンパクトになった印象。エンジンをボンネット後ろ寄りに搭載した素性の良いパッケージングと、ハイパワーFRスポーツならではの後輪を力強く掻くさまを連想させるスタイリングだ。

搭載されるエンジンは、現行モデルより排気量が200cc大きい、3.7リッターV6、いわゆる「VQ37」だ。スカイラインクーペなどにも搭載されるこのV6は、VVEL(可変バルブタイミング&リフト機構)により、アクセルレスポンスの向上やトルクアップ、燃費向上を実現。すでに内外で高い評価を得ているエンジンだ。

正式デビューの場は、2008年11月19日のロサンゼルス・モーターショー。ちなみに北米では「370Z」と呼ばれ、2009年初旬に発売される予定となっている。

なお、日産自動車は新型フェアレディZのスペシャルサイトを立ち上げ、発表までの間に随時情報を公開していくという。

新型フェアレディZ公式サイト:
http://www.nissan.co.jp/Z/NEW/

(webCG 曽宮)

「ニッサン370Z」(北米仕様)
「ニッサン370Z」(北米仕様)

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実 2016.8.9 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更。「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を、「バージョンST」「NISMO」には上記に加え「BOSEサウンドシステム」「アクティブ・サウンド・コントロール」などを標準装備とした。
ホームへ戻る