新型「フェアレディZ」の写真が公開

2008.10.30 自動車ニュース

新型「フェアレディZ」の写真が公開

日産自動車は、2008年12月に発表予定の新型「フェアレディZ」の写真を公開した。

■ハイパワーFRスポーツらしいプロポーション

日産自動車は、同社を代表するスポーツカー「フェアレディZ」を、2008年12月にフルモデルチェンジすると発表。デビューに先駆け3枚のオフィシャルフォトを公開した。

新型は、2002年にデビューした現行モデルのイメージを継承しながら、よりメリハリのきいたスタイルを採用。注目は、なんといってもタイヤをボディの4隅に近づけ、同時にフェンダーのふくらみを強調したエクステリアデザインだろう。現時点では実際の数値は不明だが、見た感じ、車体がコンパクトになった印象。エンジンをボンネット後ろ寄りに搭載した素性の良いパッケージングと、ハイパワーFRスポーツならではの後輪を力強く掻くさまを連想させるスタイリングだ。

搭載されるエンジンは、現行モデルより排気量が200cc大きい、3.7リッターV6、いわゆる「VQ37」だ。スカイラインクーペなどにも搭載されるこのV6は、VVEL(可変バルブタイミング&リフト機構)により、アクセルレスポンスの向上やトルクアップ、燃費向上を実現。すでに内外で高い評価を得ているエンジンだ。

正式デビューの場は、2008年11月19日のロサンゼルス・モーターショー。ちなみに北米では「370Z」と呼ばれ、2009年初旬に発売される予定となっている。

なお、日産自動車は新型フェアレディZのスペシャルサイトを立ち上げ、発表までの間に随時情報を公開していくという。

新型フェアレディZ公式サイト:
http://www.nissan.co.jp/Z/NEW/

(webCG 曽宮)

「ニッサン370Z」(北米仕様)
「ニッサン370Z」(北米仕様)

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像

新型「フェアレディZ」の写真が公開の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)【ブリーフテスト】 2009.2.16 試乗記 ……486万6850円
    総合評価……★★★★

    さらなるパワーを手にしつつ、ショート&ワイド化を図った新型「フェアレディZ」。実際の走りはどうなのか? AT仕様の最上級グレードで探った。
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • 「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジ 2017.7.10 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年7月10日、ミドルサイズセダン「カムリ」の新型を発表。同日、販売を開始した。価格は「X」の329万4000円から「G“レザーパッケージ”」の419万5800円まで。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る