「BMW1シリーズ」、ナビとiDriveをアップグレード

2008.10.30 自動車ニュース

「BMW1シリーズ」、ナビとiDriveをアップグレード

BMWジャパンは、「BMW1シリーズ」に新しいナビゲーションシステムとiDriveシステムを搭載。価格据え置きで、2008年10月29日に発売した。

ナビゲーションシステムは、従来型より「目的地入力」「ルート設定」「地図表示」それぞれの機能を拡張。ディスプレイも8.8インチの大型画面にアップグレードされた。
ミュージックサーバの機能も備え、ハードディスクにCD約220枚分の曲を保存することができるという。

また、それらAV機能の操作システム「iDrive」も新しくなった。ブラインド操作が可能な「ダイレクトメニューコントロールボタン」をコントローラ周囲に設置し、使用頻度の高い機能を素早く呼び出せるようにした。

以上2点は従来どおり、5ドアハッチバックの「130i」と2ドアクーペの「135iクーペ」に標準装備、その他のモデルではオプション装備となる。
なお、車両本体価格も従来どおり。据え置きとなっている。

(webCG 関)

「BMW135iクーペ」
「BMW135iクーペ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る