カフェマスターのヒトリゴト第7回:「cafe GIULIA」で出会った人たち

2008.10.28 エッセイ

カフェマスターのヒトリゴト第7回:「cafe GIULIA」で出会った人たち

思いもよらない訪問者

ある日、私の経営する箱根のカフェ「cafe GIULIA」の駐車場に、紺の「フェラーリF355」が入ってきました。フェラーリから降りてきたカップルは、ほとんど同時に駐車場に入った「ロータス・エスプリ」を眺めながら店内に入ってきました。
と、このような光景は、ここではよくあること。

その日は休日だったこともあり、cafe GIULIAは入れ替わり立ち代りたくさんのお客様でにぎわっており、わたしはキッチンで働いておりました。すると、さきほどのカップルが僕をチラチラ見ているではないですか。初めてのお客様だし挨拶をと思い、届いたばかりの自動車雑誌を差し出しました。すると、堰を切ったように話し始めたのです。2008年11月3日に行われる「MAWJ湘南チャリティーライド2008」のイベントのことでした。彼はこの「カフェマスターのヒトリゴト」を読んで、興味をもってくださったようで、埼玉から来てくれたのでした。

システムエンジニアのお仕事をされているという浜崎さんは、「何かの役に立ててください」とミニカーを差し出しました。それは「アルファ・ロメオ・モントリオール」! ミニカーマニアの僕を小躍りさせる逸品だったのでした。
「うわぁ、欲しい……」僕の心の言葉です。
おそらくレジン製のこのモデルは、100台限定製作された内の66台目を記しており、僕も初めて見た1台でした。

浜崎さんは「なにか、自分たちにもできることはないのだろうか」とそんな思いで、このミニカーを提供してくれました。“常識”(笑)のある方々にはわからないでしょうが、相場は3万円を超える代物です。このミニカーはMAWJチャリティーライドのイベント内で“チャリティーオークション”に出したいと思います。
ぜひ、気持ちのある方に落札していただき“想い”を繋ぎたいと思います。

「アルファ・ロメオ・モントリオール」のミニカーを提供してくれた、フェラーリオーナーの浜崎さん。彼女は恥ずかしがって写ってくれませんでしたが、とても優しそうなお二人でした。
「アルファ・ロメオ・モントリオール」のミニカーを提供してくれた、フェラーリオーナーの浜崎さん。彼女は恥ずかしがって写ってくれませんでしたが、とても優しそうなお二人でした。
これが「アルファ・ロメオ・モントリオール」のミニカーです。僕のコレクションに加えたい逸品です。
これが「アルファ・ロメオ・モントリオール」のミニカーです。僕のコレクションに加えたい逸品です。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。