【スペック】全長×全幅×全高=4528×1840×1689mm/ホイールベース=2755mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7mkg/2400-5000rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツ GLK350 4マチック(4WD/7AT)【海外試乗記】

“G”の現代的解釈 2008.10.28 試乗記 メルセデス・ベンツ GLK350 4マチック(4WD/7AT)

日本導入を果たしたメルセデス・ベンツの新型SUV「GLKクラス」。ライバルとは一線を画し、スクエアなフォルムを持つGLKの、海外試乗会での第一印象をお届けする。

『CG』2008年10月号から転載。

まさにコンパクトな“G”

初夏のドイツで対面したGLKクラスは、陽光の下にその精悍なスタイルを惜しげもなく晒していた。GLKが初めて一般に公開されたのは2008年1月に行なわれたデトロイト・ショーでのこと。当時はまだ“GLKフリーサイドコンセプト”というショーカーだったが、実際のスタイリングはこの時点でほぼ完成の域に達していたといえる。というのも今回対面した生産型とショーカーとの相違点はほとんど見当たらなかったからである。

正直に言うと、写真で目にしていたGLKコンセプトは、ボディの縦横比とでも言おうか、見る角度によってはかなりアンバランスな印象を受け(グリーンハウスがやけに大きく、2頭身のようで鈍重に見えた)、個人的にはあまり格好よく見えなかったが、実車を目の当たりにすると、そんな思いは見事に払拭された。

兄貴分の「MLクラス」は曲線を用いた、SUVながら優雅さを漂わせたスタイルだが、GLKは本格派クロスカントリーヴィークルの「Gクラス」を髣髴とさせる、ボクシーなフォルムを纏っている。そしてボディサイドには「Cクラス」ばりのエッジの効いた個性的なキャラクターラインが与えられていることもあって、さらにアグレッシブな印象も湛えている。これだからデザインというのは本当に不思議で、改めてクルマは実車を見るまで分からないものだと実感した。
それはともかく、昨今のコンパクトSUVがスタイリッシュさをアピールするために流線型のスタイリングを好む傾向にあるのに対して、直線基調で仕立てられたGLKにはSUVらしい無骨さや力強さが溢れていた。

そんなライバルとは一線を画すエクステリアに対して、インテリアはメルセデスの文法どおりの整然とした仕立てである。ステアリングホイールやセンターコンソールの形状、スイッチ類の配置などは基本的にCクラスのそれと共通の部分が多く、メルセデス製のサルーンから乗り換えたとしても違和感を覚えることはない。

 
メルセデス・ベンツ GLK350 4マチック(4WD/7AT)【海外試乗記】の画像
荷室容量は通常時で450リッターを確保。床面のサイズは幅95cm、奥行き85cm、トノーカバーまでの高さは45cm(CG実測値)。奥行きは最長148cmまで拡大できる。
荷室容量は通常時で450リッターを確保。床面のサイズは幅95cm、奥行き85cm、トノーカバーまでの高さは45cm(CG実測値)。奥行きは最長148cmまで拡大できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る