【スペック】100G レザーパッケージ:全長×全幅×全高=2985×1680×1500mm/ホイールベース=2000mm/車重=890kg/駆動方式=FF/1リッター直列3気筒DOHC(68ps/6000rpm、9.2kgm/4800rpm)/価格=160万円(テスト車=191万6050円/シークレットトレイ=8400円/オーディオレス=−1万9950円/HDDナビゲーションシステム=32万7600円)

トヨタiQ 100G レザーパッケージ(FF/CVT)/100G(FF/CVT)【試乗速報】

エコカーというよりファンカー 2008.10.27 試乗記 トヨタiQ 100G レザーパッケージ(FF/CVT)/100G(FF/CVT)
……191万6050円/192万4200円

環境問題の“救世主”として鳴り物入りで登場した「トヨタiQ」。しかしその第一印象は「エコ」や「実用的」よりも「面白い」というものだった。

「iQ」逆風の中でデビュー!

原油価格高騰だとか地球温暖化問題が世間を賑わすこのご時世、トヨタの新型コンパクトカー「iQ」は追い風を受けてデビューしたと言われている。でも、ホントにそうなんでしょうか? 自分には「iQ」がとてつもない逆風の中で登場したと思えるわけです。

なぜって、ビッグスリーの屋台骨さえグラつく大不況、「ヴィッツ」より狭くて「ヴィッツ」より高い“贅沢品”がはたして売れるのか? そもそも屋台骨ってどこの骨? という疑問はどうでもいいけど、「iQ」と「ヴィッツ」の燃費が大して変わらないのはなぜ? という疑問はみんなが持つはずだ。

ヴィッツの1リッター仕様が積む3気筒エンジンとiQの3気筒エンジンは、「1KR-FE」という型番の基本的には共通のユニット。実際にはiQへの搭載にあたってブロック部分から見直されているというけれど、10・15モード燃費はiQの23km/リッターに対して「ヴィッツ1.0」は22km/リッターと大差ない。

いっぽう最廉価版同士で比べるとiQが140万円、ヴィッツは107万1000円だから、財布と相談すればどうしても大人4人ががっつり乗れるヴィッツを選んでしまいそう。特に財布も心も弱っている今は。

iQはデビュー前から“革新的パッケージング”みたいな文句で煽られているけれど、実際に乗る人にとっては「ディファレンシャルギアを反転して前方に配置」だろうが「ステアリングギアボックスの上方配置」だろうが関係ない。大事なのは、日々の暮らしで便利だったり、あるいは乗る人に活力を与えてくれることだ。

というわけで、前評判は高いけどiQってホントにすごいの? ちゃんと4人乗れるんだからヴィッツのほうがエラくない? と思いながら、都内で行われたiQの試乗会に行ってきました。

上級グレード「レザーパッケージ」の内装。プラムレザーとグレージュファブリックのコンビネーションシートで、コンパクトカーとは思えない上質な印象だ。ほかにブラックファブリックとの組み合わせも用意される。
上級グレード「レザーパッケージ」の内装。プラムレザーとグレージュファブリックのコンビネーションシートで、コンパクトカーとは思えない上質な印象だ。ほかにブラックファブリックとの組み合わせも用意される。
「ヴィッツ」に積まれるエンジン(71ps、9.6kgm)からややおとなしくなったものの(68ps、9.2kgm)、そのぶん静粛性の向上が図られた1リッター3気筒ユニット。
「ヴィッツ」に積まれるエンジン(71ps、9.6kgm)からややおとなしくなったものの(68ps、9.2kgm)、そのぶん静粛性の向上が図られた1リッター3気筒ユニット。
iQの全長は、2985mm。軽自動車枠より約400mm短い。ちなみに、「スマート・フォーツー」は2720mm。
iQの全長は、2985mm。軽自動車枠より約400mm短い。ちなみに、「スマート・フォーツー」は2720mm。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る