【スペック】100G レザーパッケージ:全長×全幅×全高=2985×1680×1500mm/ホイールベース=2000mm/車重=890kg/駆動方式=FF/1リッター直列3気筒DOHC(68ps/6000rpm、9.2kgm/4800rpm)/価格=160万円(テスト車=191万6050円/シークレットトレイ=8400円/オーディオレス=−1万9950円/HDDナビゲーションシステム=32万7600円)

トヨタiQ 100G レザーパッケージ(FF/CVT)/100G(FF/CVT)【試乗速報】

エコカーというよりファンカー 2008.10.27 試乗記 トヨタiQ 100G レザーパッケージ(FF/CVT)/100G(FF/CVT)
……191万6050円/192万4200円

環境問題の“救世主”として鳴り物入りで登場した「トヨタiQ」。しかしその第一印象は「エコ」や「実用的」よりも「面白い」というものだった。

「iQ」逆風の中でデビュー!

原油価格高騰だとか地球温暖化問題が世間を賑わすこのご時世、トヨタの新型コンパクトカー「iQ」は追い風を受けてデビューしたと言われている。でも、ホントにそうなんでしょうか? 自分には「iQ」がとてつもない逆風の中で登場したと思えるわけです。

なぜって、ビッグスリーの屋台骨さえグラつく大不況、「ヴィッツ」より狭くて「ヴィッツ」より高い“贅沢品”がはたして売れるのか? そもそも屋台骨ってどこの骨? という疑問はどうでもいいけど、「iQ」と「ヴィッツ」の燃費が大して変わらないのはなぜ? という疑問はみんなが持つはずだ。

ヴィッツの1リッター仕様が積む3気筒エンジンとiQの3気筒エンジンは、「1KR-FE」という型番の基本的には共通のユニット。実際にはiQへの搭載にあたってブロック部分から見直されているというけれど、10・15モード燃費はiQの23km/リッターに対して「ヴィッツ1.0」は22km/リッターと大差ない。

いっぽう最廉価版同士で比べるとiQが140万円、ヴィッツは107万1000円だから、財布と相談すればどうしても大人4人ががっつり乗れるヴィッツを選んでしまいそう。特に財布も心も弱っている今は。

iQはデビュー前から“革新的パッケージング”みたいな文句で煽られているけれど、実際に乗る人にとっては「ディファレンシャルギアを反転して前方に配置」だろうが「ステアリングギアボックスの上方配置」だろうが関係ない。大事なのは、日々の暮らしで便利だったり、あるいは乗る人に活力を与えてくれることだ。

というわけで、前評判は高いけどiQってホントにすごいの? ちゃんと4人乗れるんだからヴィッツのほうがエラくない? と思いながら、都内で行われたiQの試乗会に行ってきました。

上級グレード「レザーパッケージ」の内装。プラムレザーとグレージュファブリックのコンビネーションシートで、コンパクトカーとは思えない上質な印象だ。ほかにブラックファブリックとの組み合わせも用意される。
上級グレード「レザーパッケージ」の内装。プラムレザーとグレージュファブリックのコンビネーションシートで、コンパクトカーとは思えない上質な印象だ。ほかにブラックファブリックとの組み合わせも用意される。
「ヴィッツ」に積まれるエンジン(71ps、9.6kgm)からややおとなしくなったものの(68ps、9.2kgm)、そのぶん静粛性の向上が図られた1リッター3気筒ユニット。
「ヴィッツ」に積まれるエンジン(71ps、9.6kgm)からややおとなしくなったものの(68ps、9.2kgm)、そのぶん静粛性の向上が図られた1リッター3気筒ユニット。
iQの全長は、2985mm。軽自動車枠より約400mm短い。ちなみに、「スマート・フォーツー」は2720mm。
iQの全長は、2985mm。軽自動車枠より約400mm短い。ちなみに、「スマート・フォーツー」は2720mm。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る