日本カー・オブ・ザ・イヤー2012-2013は……

2012.11.29 自動車ニュース

日本カー・オブ・ザ・イヤー2012-2013は「マツダCX-5」

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2012-2013」の最終選考会が2012年11月29日、東京臨海副都心の「ダイバーシティ東京 プラザ」で開催され、マツダのスポーツSUV「CX-5」がイヤーカーに選ばれた。

最も優れた輸入車に贈られるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは「BMW 3シリーズ(セダン/ツーリング)」が、実行委員会特別賞は「トヨタ86/スバルBRZ」が、それぞれ受賞した。

なお、第一次選考対象車「10ベストカー」は、以下の10台だった。
・「マツダCX-5」
・「トヨタ86/スバルBRZ」
・「BMW 3シリーズ(セダン/ツーリング)」
・「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」
・「フォルクスワーゲンup!」
・「スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー」
・「シトロエンDS5」
・「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」
・「日産ノート」
・「ホンダN BOX/N BOX+」

(webCG)

2012年のイヤーカーに輝いた「マツダCX-5」
2012年のイヤーカーに輝いた「マツダCX-5」 拡大
輸入車で最も多く票を集めた「BMW 3シリーズ(セダン/ツーリング)」がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
輸入車で最も多く票を集めた「BMW 3シリーズ(セダン/ツーリング)」がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 拡大
実行委員会特別賞受賞の「トヨタ86/スバルBRZ」。(写真は「トヨタ86」)
実行委員会特別賞受賞の「トヨタ86/スバルBRZ」。(写真は「トヨタ86」) 拡大

関連キーワード:
3シリーズ セダン86CX-5BMWトヨタマツダイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る