第64回:大矢アキオ危機一髪 ! あわや一生フォード男??

2008.10.25 エッセイ

第64回:大矢アキオ危機一髪 ! あわや一生フォード男??

どげんかせんと……

先日開催されたパリサロンでも気づいたが、モーターショー取材でありがたくも、改良すべきは「報道資料」、通称プレスキットである。ジャーナリストが記事を書きやすいよう、新型車や展示物が詳説してある資料のことだ。
もちろん新車開発者の皆さんや、実際に資料の企画デザインを手がける人たちの苦労は語っても語りきれないものであろう。だが、あまりにも重量級なのである。

2000年頃からは、CD-ROMやDVDにデータを挿入したものが添付されるようになったが、それでも念のためなのか、いまだ印刷物が付いていることが多い。そうした重い資料を持って歩いていると、ときに入れておいた袋がビリッと破れたりする。
中学生時代、晴海のモーターショーの帰りに銀座のど真ん中で同様にカタログを満載した袋が破れて困ったのを思い出し、「ああ、オレっていつまでたっても似たようなことやってんだな」としみじみしてしまう。

そんな冗談はともかく、そうした重い報道資料は、クルマでイタリアの我が家に帰れるジュネーブショーはともかく、パリサロンなどでは飛行機の預け荷物制限があるので、減量しなければならない。したがってホテルの狭い部屋で、厚い表紙やカバー、ケースをビリビリと破いて取り外すのが、夜の作業となる。
「これを徹夜で製作したデザイナーさん、ごめんなさいッ」と心の中で呟きながら。

今回エレベーターのない安宿で、捨てるぶんを袋に入れ「捨ててください」と張り紙をしておいたら、翌日宿のおばさんから、「あんな重いもの捨てるんだったら、1階まで持ってきてヨ」と嘆かれた。

それに何より、その捨てる膨大な紙の量、実にもったいない。環境性能を標榜するメーカーが、過剰なデコレーションを施した資料を配る。まったくもってエコじゃないという矛盾がある。
「どげんかせんといかん」と思わず、ちょっと前の流行語をパリで口にしてしまった。

パリのホテルにて。報道資料にうなされる大矢アキオ。
パリのホテルにて。報道資料にうなされる大矢アキオ。
最近増えてきたUSBメモリ式の報道資料。(2008年ジュネーブショーのものもあり)
最近増えてきたUSBメモリ式の報道資料。(2008年ジュネーブショーのものもあり)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。