第83回:すばらしき個性派集団〜カルマンギア100cars“きらら”ミーティング

2008.10.24 エッセイ

第83回:すばらしき個性派集団〜カルマンギア100cars“きらら”ミーティング

 

富士スピードウェイで「フォルクスワーゲン フェスト2008」が開催されたのと同日、同じく富士山を臨む山中湖畔では、クラシックなフォルクスワーゲンのイベント「カルマンギア100cars“きらら”ミーティング」が開かれていた。

ミーティング会場は富士山を望む絶好のロケーション。
ミーティング会場は富士山を望む絶好のロケーション。
新車時から日本に生息してきたと思われる「品5」のシングルナンバー付きのクーペ。
新車時から日本に生息してきたと思われる「品5」のシングルナンバー付きのクーペ。

独伊合作

半世紀余りの間に通算2150万台以上が作られ、単一車種としては世界一の量産記録ホルダーである「フォルクスワーゲン」(VW)の型式名「タイプ1」。「ビートル」の愛称で親しまれているこのタイプ1のシャシーに、イタリアのカロッツェリア「ギア」がデザインし、ドイツのカロッセリー(カロッツェリア/コーチビルダー)である「カルマン」が製作した2+2クーペボディを架装したモデルが、1955年に誕生した「フォルクスワーゲン・カルマンギア」である。

「カルマンギア」のパワートレーンはビートルとまったく同じで(当初のエンジンは1192cc・30ps)、車重は100kg近く重くなっていたから、性能的には取るに足らない存在だったが、その流麗なスタイリングで人気を博した。そして2年後の57年にはカブリオレを追加、ビートルの発展に準ずる形で排気量の増大などの改良を受けながら73年まで生産された。また62年には型式名タイプ3こと「フォルクスワーゲン1500」ベースの「カルマンギア」も登場、こちらはクーペのみが69年まで作られている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ