【スペック】全長×全幅×全高=4580×1740×1475mm/ホイールベース=2620mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/2リッター水平対向4SOHC16(140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpm)/価格=201万6000円(テスト車=233万1000円/キーレスアクセス&プッシュスタート/イモビライザー&テレスコピックステアリング/HDDナビゲーションシステム=31万5000円)

スバル・インプレッサ アネシス 2.0i-S(FF/4AT)【試乗速報】

真の実用車 2008.10.24 試乗記 スバル・インプレッサ アネシス 2.0i-S(FF/4AT)
……233万1000円
ハッチバックだけだった「インプレッサ」に追加されたセダンの「アネシス」。リアオーバーハングが延長され、ボディ構造が変わったことで走りに及ぼす印象はかなり違うようだ。

若々しいセダン

スバル・インプレッサシリーズに、「アネシス」という4ドアセダンが加わった。外観上の識別点は、ハッチバックよりCピラーが太くなり、独立したトランクが設けられた結果、全長は165mm長くなったこと。ホイールベース(2620mm)や、ベース車両同士の車両重量(1230kg)には変化なし。

一般的にハッチバックはどちらかと言えば若向きで、スポーティなイメージもあるが、4ドアセダンには落ちついた雰囲気が漂う。この「インプレッサ アネシス」の場合にもまったく同じことが言える。ただし地味かといえばそうでもなく、ウェッジの効いたサイドラインは、大型化されたテールランプに綺麗に融合し、テール周辺のデザインは若々しく溌剌としている。

ハッチバックの妙にデコボコした飾りっぽいものを貼り付けた処理より、面一化されたデザインは、よほど素直でまっとうに見える。上級モデル「2.0i-S」の、軽くリッドに載せられたリアスポイラーもよく似合う。

アネシスは、全車に本革巻ステアリングホイールが標準装備される。ホワイトルミネセントメーターは、2.0i-Sにのみ採用される。その他のモデルは、ブルーグラデーションの発光式メーターとなる。
アネシスは、全車に本革巻ステアリングホイールが標準装備される。ホワイトルミネセントメーターは、2.0i-Sにのみ採用される。その他のモデルは、ブルーグラデーションの発光式メーターとなる。

スバル・インプレッサ アネシス 2.0i-S(FF/4AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開 2017.1.23 自動車ニュース 富士重工業が、クロスオーバーモデルの新型「スバルXV」を、第87回ジュネーブショーで世界初公開すると発表した。日本での受注開始は3月9日の予定で、スバルでは特設ウェブサイトで順次情報を公開していくとしている。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
ホームへ戻る