長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売

2008.10.23 自動車ニュース

長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売

光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。

「日産フーガ」をベースに、顔やお尻をクラシカルに仕立て直した光岡自動車のセダンが「ガリューIII(スリー)」。今回発売された「ガリューリムジンS50」は、そのストレッチバージョンだ。

1990年の「ラ・セード」以来ストレッチリムジンの乗用車を手がけてきた同社だが、ここ8年ほどはパッタリ。最近は、霊柩車(!)を年間40台以上生産するなど、特装車の部門でストレッチ技術を培ってきたという。

そんなミツオカ渾身の「S50」、ボディサイズは全長×全幅×全高=5490×1805×1530mm。ホイールベースは「レクサスLS600hL」より300mm、「メルセデス・ベンツS600 ロング」より225mm長い、3390mmに達する。足を組んでも余裕タップリの、後席スペースを確保した。
インテリアは、本木目のフィニッシャーやHDDナビゲーションシステムが標準で、後席には、63万円のオプションで「モニターAVセット」なども用意される。

エンジンは、2.5リッター(223ps、26.8kgm)と3.5リッター(313ps、36.5kgm)の2本立て。前者は801万6750円〜837万3750円、後者は855万7500円〜934万5000円と、ストレッチ前から約5割り増しのプライスタグを付ける。

年間の販売予定台数は国内外あわせて10台ほどで、すでに中東地域に向けて4台を出荷したとのこと。同社では、ハイヤーなどビジネスユースだけでなく、個人ユースの需要も期待しているという。

(webCG 関)

「ミツオカ・ガリューリムジンS50」
「ミツオカ・ガリューリムジンS50」
リアの居住空間は、さすがにひろびろ。
リアの居住空間は、さすがにひろびろ。
ガリューIIIをベースに胴体部分が500mm延長されている。
ガリューIIIをベースに胴体部分が500mm延長されている。
延長部、Bピーラーには「レクサス」(!)の合わせガラスを流用。ベース車両は「日産フーガ」ですが……
延長部、Bピーラーには「レクサス」(!)の合わせガラスを流用。ベース車両は「日産フーガ」ですが……
ガリュー顔のS50(写真)のほか、フーガ顔のままの「ミツオカリムジンS50」も選べる。そちらは、約70万円安の728万6750円〜861万5000円でラインナップする。
ガリュー顔のS50(写真)のほか、フーガ顔のままの「ミツオカリムジンS50」も選べる。そちらは、約70万円安の728万6750円〜861万5000円でラインナップする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガリューの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • 新型ミツオカ・ガリュー、ティアナを元に誕生 2010.11.11 自動車ニュース 「ミツオカ・ガリュー」が、「日産ティアナ」をベースにフルモデルチェンジした。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
ホームへ戻る