「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加

2008.10.23 自動車ニュース

「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは2008年10月22日、キャデラックのスポーティセダン「CTS」にハイパフォーマンスグレードの「CTS-V」を追加設定。2009年1月10日に販売を開始する。

2007年10月にフルモデルチェンジをして日本へ導入された新型「CTS」に、先代同様ハイパフォーマンス「V」シリーズとして「CTS-V」が追加された。

搭載されるエンジンは、6.2リッターV8スーパーチャージャー付きで、最高出力564ps/6100rpmと最大トルク76.1kgm/3800rpmを発生。マニュアルモード付きの6段ATを介し、後輪を駆動する。
電子制御ダンパーのマグネティックライドコントロールは、2モード切替機能が付いたスポーツサスペンションに変更。ブレーキも、フロント6ポッド、リア4ポッドのキャリパーを備えたブレンボ製のハイパフォーマンスブレーキシステムに換装される。

エクステリアは、サテン仕上げのフロントメッシュグリルや専用の19インチアルミホイールなどが他のグレードとの識別点。インテリアには、オプシディアン調トリムやスエード調ステアリング&シフトノブなど、高級感のある素材が用いられる。さらにレカロ製の14ウェイパワーシートのほか、横Gインジケーターやブーストメーターなども専用に装備された。

価格は955.0万円。左ハンドルのみが用意される。

(webCG 本諏訪)


「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加の画像

「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加の画像
(写真はすべて本国仕様車)
(写真はすべて本国仕様車)

関連キーワード:
CTSセダンキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る