「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加

2008.10.23 自動車ニュース

「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは2008年10月22日、キャデラックのスポーティセダン「CTS」にハイパフォーマンスグレードの「CTS-V」を追加設定。2009年1月10日に販売を開始する。

2007年10月にフルモデルチェンジをして日本へ導入された新型「CTS」に、先代同様ハイパフォーマンス「V」シリーズとして「CTS-V」が追加された。

搭載されるエンジンは、6.2リッターV8スーパーチャージャー付きで、最高出力564ps/6100rpmと最大トルク76.1kgm/3800rpmを発生。マニュアルモード付きの6段ATを介し、後輪を駆動する。
電子制御ダンパーのマグネティックライドコントロールは、2モード切替機能が付いたスポーツサスペンションに変更。ブレーキも、フロント6ポッド、リア4ポッドのキャリパーを備えたブレンボ製のハイパフォーマンスブレーキシステムに換装される。

エクステリアは、サテン仕上げのフロントメッシュグリルや専用の19インチアルミホイールなどが他のグレードとの識別点。インテリアには、オプシディアン調トリムやスエード調ステアリング&シフトノブなど、高級感のある素材が用いられる。さらにレカロ製の14ウェイパワーシートのほか、横Gインジケーターやブーストメーターなども専用に装備された。

価格は955.0万円。左ハンドルのみが用意される。

(webCG 本諏訪)


「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加の画像

「キャデラックCTS」のハイパフォーマンス版「CTS-V」追加の画像
(写真はすべて本国仕様車)
(写真はすべて本国仕様車)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:流し撮り名人、「CTS」を射抜く!
    池之平昌信カメラマンが語る新しい「キャデラックCTS」
    2017.6.5 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR> 「キャデラックCTS」の日常劇場が帰ってきた! マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化したCTSの実力を、今回のシリーズでは4回にわたってリポートする。第1回は“流し撮り職人”、池之平昌信カメラマンが新しいCTSの走りを射抜く!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • BMWが新型「5シリーズ ツーリング」を発売 2017.6.22 自動車ニュース BMWが新型「BMW 5シリーズ ツーリング」を発売した。荷室容量は5人乗車時で570リッター、後席をたたんだ状態で1700リッター。優れた空力性能も特徴で、ディーゼルモデルの「523d」では19.4km/リッターという燃費を実現している。
ホームへ戻る