第82回:「フォルクスワーゲン フェスト」でフォルクスワーゲン三昧の一日

2008.10.21 エッセイ

第82回:「フォルクスワーゲン フェスト」でフォルクスワーゲン三昧の一日

10月19日、日本GPの翌週に開催となった「フォルクスワーゲン フェスト2008イン 富士スピードウェイ」。フォルクスワーゲン車が続々入場。
第82回:「フォルクスワーゲン フェスト」でフォルクスワーゲン三昧の一日

秋晴れの富士スピードウェイで、「フォルクスワーゲン」の大規模なファン感謝イベントが開かれた。過去10台VWを乗り継いだ自動車ジャーナリスト、生方聡が会場の様子をリポートします。

絶好の行楽日和に恵まれ、このとおり富士山もバッチリ見える。
第82回:「フォルクスワーゲン フェスト」でフォルクスワーゲン三昧の一日
オーナーズクラブの駐車スペースには、この日のために(!?)手塩にかけてきた愛車が整然と並べられている。
第82回:「フォルクスワーゲン フェスト」でフォルクスワーゲン三昧の一日

ウォルフスブルクも顔負け!?

「おう、いる、いるぅ!」日曜朝の東名高速道路下り線。御殿場インターに近づくにつれ、視界に入るフォルクスワーゲンの数がどんどん増えていく。「ゴルフGTI」が多いなぁ、なんて思っていると、「ヴァナゴン」3台の隊列が走り去っていったりして、いやがおうでも気分は盛り上がっていく。

みんなが目指すのは、ちょうど一週間前の日本GPの興奮覚めやらぬ富士スピードウェイ。フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンが主催する「フォルクスワーゲン フェスト2008イン 富士スピードウェイ」が開催される場所だ。

富士スピードウェイのそばまでくると、10台中8〜9台がフォルクスワーゲンだ。今日に限れば、本社のあるウォルフスブルクよりもフォルクスワーゲン密度は高いに違いない。
そんなことを考えているうちに富士スピードウェイに到着。時計を見るとまだ午前9時前である。プログラムスタートは午前10時というのに、すでにたくさんのフォルクスワーゲン車が入場している。

オーナーズクラブ専用の駐車スペースでは、「ポロGTI」「R32」「ヴァナゴン」といったオーナーズクラブが整然とクルマを並べ終えていた。さすが皆さん、気合いが違う!

こちらは一般駐車場の様子。いろいろなモデルがごちゃまぜになっていて、これはこれで楽しい。来場者数は過去最大の1万800人、4200台を記録した。
第82回:「フォルクスワーゲン フェスト」でフォルクスワーゲン三昧の一日
今年、ニュービートルは誕生から10周年を迎え、それを記念してオーナー有志が人文字ならぬ“ビートル文字”をつくることを企画。駐車場には「10th」の文字が描かれたのだが、強風のために熱気球が上がらず、空撮はお流れに……。でも、集まることに意義がある。皆さん、お疲れさまでした!
第82回:「フォルクスワーゲン フェスト」でフォルクスワーゲン三昧の一日

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ