【スペック】ワゴンR FXリミテッド:全長×全幅×全高=3395×1475×1660mm/ホイールベース=2400mm/車重=850kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC 12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/価格=118万1250円(テスト車=同じ)

スズキ・ワゴンR FXリミテッド(FF/CVT)/スティングレーTS(FF/CVT)【試乗速報(後編)】

大きな存在(後編) 2008.10.21 試乗記 スズキ・ワゴンR FXリミテッド(FF/CVT)/スティングレーTS(FF/CVT)
……118万1250円/161万7000円

道具から乗用車への脱皮を狙ったという新型「ワゴンR」。量販グレードでその進化を見定める。現代社会が求める軽自動車像がそこにはあった。
「FXリミテッド」のインパネ
スズキ・ワゴンR FXリミテッド(FF/CVT)/スティングレーTS(FF/CVT)【試乗速報(後編)】

攻めたスタイリング

続く試乗車「FXリミテッド」は、縦型ヘッドランプを踏襲する素のワゴンRだが、そのスタイリングも単純に先代の意匠を継承したわけではない。そのヘッドランプもよく見ると複雑な形状で、フェンダーラインと一体のラインで構成されているなど、実はなかなか凝っている。これは「シンプル イズ ベスト」を狙った先代の評価が今ひとつだったことを受けて、進化をわかりやすく表現した結果だという。よく見ると適度にウェッジが効かされたサイドビューなどを見ても、実は新型は相当攻めたスタイリングなのだ。

インテリアの意匠は基本の部分は共通。しかしながら、こちらは淡い室内色や、上下2段式のグローブボックスが採用されず膝まわりの余裕が確保されていることなどから、スティングレーほどの圧迫感は無い。一方、スティングレーに使われていた見映えも操作感も良い空調操作パネルが、「いかにも事務的なしつらえのものに置き換えられていたのが残念。「最後まで悩んだんですが……。FXリミテッドまでは、やっぱり上級仕様にしておくべきでしたね」と、チーフエンジニア氏もちょっぴり悔しそうだった。ちなみに、最上級のFTリミテッドにはスティングレーと同じものが備わる。

しかし、それよりも付けてほしかったのはシートリフターやチルトステアリングの方である。これが無いと、やはり体型によってはインストゥルメントパネルの圧迫感は気になってしまうかもしれない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る