第373回:突撃! パリサロン2008(その3)
ますます放置されつつある日本を実感!!

2008.10.20 エッセイ

第373回:突撃! パリサロン2008(その3)ますます放置されつつある日本を実感!!

なんで日本でお披露目しないの?

それからもう1つのパリサロンの注目といえば日本車だ。なぜなら、今や日本車もすっかりワールドワイド商品になってしまい、世界初のお披露目は、欧州だったり中国だったりする。そこで今回も、ホンダの5人乗りハイブリッドカー、2代目「インサイト」のコンセプトや、インド&ヨーロッパでしか発売されない「スズキ・アルト」、「レクサスIS」ベースのオープンモデル、「IS250C」などがワールドプレミアとして出展されたのだ。

とはいえつくづく思ったのは日本市場はますます放置されつつあり、孤立しつつあるという現実だ。
だってさ、全長4375×全幅1695mmで完全5ナンバーサイズのインサイトなんて、日本でお披露目してもいいわけじゃない。アルトもそう。コッチのアルトは日本のアルトとは全く違ってて、インドのマルチスズキって会社で作られる、インド&ヨーロッパ専用車。しかし、全長3500×全幅1600mmのサイズといい、欧州で発売されている「スズキ・スプラッシュ」と共通の1リッター直3といい、これまた日本で売られても全く問題ない。北米でしか売れないような5リッター級のピックアップトラックとはワケが違う。

ここから導き出される答えは、ますますもって日本市場が自動車マーケットとして価値を持たなくなっているということ。それを日本在籍メーカー自身が冷静かつ冷酷に受け止めているのだ。

まずインサイトは値段にもよるが、日本で発表されてもそれほど盛り上がらないだろう。もちろんクルマ雑誌やネットでは重用されるが、そうそう世の中にインパクトを持って受け入れられるとは思えない。
というのもまず第一に市場が新車に飽きてるし、おそらくインサイトは来年出るであろう次期型「トヨタ・プリウス」ほど衝撃的ではないのだ。もちろん、1.3リッターエンジンと電気モーターを搭載するホンダのIMAシステムは頑張ってるし、表面的な燃費データやそのほかではプリウスを凌ぐのかもしれない。が、現状のプリウスとホンダ・シビックハイブリッドの差を見ると、そうそう簡単に追い越せるとは思えない。というか、プリウスが良くできすぎているのだ。

「レクサスIS250C」
「レクサスIS250C」
インド製の「スズキ・アルト」。
インド製の「スズキ・アルト」。
「アルト」のインテリア。
「アルト」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』