第17戦中国GP「7点差で最終決戦へ」【F1 08 続報】

2008.10.20 自動車ニュース
フェラーリ2台をよせつけず、ポールポジションから独走優勝したルイス・ハミルトン(中央)。チームプレイにより2位でゴールしたフェリッペ・マッサ(左)は首の皮一枚チャンピオンの可能性を残す。3位はキミ・ライコネン(右)。(写真=Mercedes Benz)
第17戦中国GP「7点差で最終決戦へ」【F1 08 続報】

【F1 08 続報】第17戦中国GP「7点差で最終決戦へ」

2008年10月19日に上海インターナショナル・サーキットで行われたF1第17戦中国GP。チャンピオン決定がかかった1戦、ポイントリーダーのルイス・ハミルトンが独走で5勝目をあげ、ランキング2位のフェリッペ・マッサがチームプレイで2位に入ったことで、雌雄は最終戦ブラジルGPで決することとなった。

土曜のフリー走行を除き、すべてでトップタイムを記録したハミルトン。前戦日本GPでのミスをリカバーする完勝で、最大のライバル、マッサに対し7点のギャップを築いた。最終戦ブラジルGP、最年少チャンピオンをかけて戦う。(写真=Mercedes Benz)
土曜のフリー走行を除き、すべてでトップタイムを記録したハミルトン。前戦日本GPでのミスをリカバーする完勝で、最大のライバル、マッサに対し7点のギャップを築いた。最終戦ブラジルGP、最年少チャンピオンをかけて戦う。(写真=Mercedes Benz)
ポールポジションのハミルトン、2番グリッドのライコネンと日本GPと同じ顔ぶれのフロントロー。スタートで大きなミスをおかした前戦と違い、ハミルトンが好スタートでトップへ。以後、後続を突き放し独走した。(写真=Mercedes Benz)
ポールポジションのハミルトン、2番グリッドのライコネンと日本GPと同じ顔ぶれのフロントロー。スタートで大きなミスをおかした前戦と違い、ハミルトンが好スタートでトップへ。以後、後続を突き放し独走した。(写真=Mercedes Benz)
シンガポール、日本とは違い、中国ではマクラーレンのペースにまったく歯が立たなかったフェラーリ。2-3フィニッシュでコンストラクターズチャンピオンシップではポイントを156点とし、2位マクラーレンに対し11点の差をつけ首位を守る。(写真=Ferrari)
シンガポール、日本とは違い、中国ではマクラーレンのペースにまったく歯が立たなかったフェラーリ。2-3フィニッシュでコンストラクターズチャンピオンシップではポイントを156点とし、2位マクラーレンに対し11点の差をつけ首位を守る。(写真=Ferrari)

■ハミルトンの完璧な週末

レーシングドライバーとしての本能が、ワールドチャンピオンシップを勝ち抜くための理性に勝り、日本GPで大きなミスをしでかしたハミルトン。彼に対する非難はメディア、そしてドライバー仲間からもあがり、若きポイントリーダーへの風当たりは強くなっていた。

マッサに5点差までつめよられたハミルトンは、ここ中国で、最速のマシンで完璧なレースをこなし、疑問を投げかけるものたちを黙らせた。

その完璧さは、ひとつを除く全セッションでトップタイムをマークしたことからもわかる。最速タイムを逃した土曜フリー走行でさえ、1位ニック・ハイドフェルドが軽いマシンでアタックしたのに対し、ルイスはQ3向けに重めのセッティング調整をしていたに過ぎない。

今年7回目のポールポジションから飛び出したハミルトンは、予選2位のライコネン、3位マッサをおさえトップに立つと、後続を突き放しにかかり、10周で2位ライコネンとの間に4秒、3位マッサには8秒ものギャップを築いた。

タイトル獲得には、何としてもハミルトンの前でゴールしなければならないマッサだったが、ハミルトンはおろかチームメイトのライコネンにも勝負が挑めない。

トップ3台はレース終盤までそのオーダーのまま周回を重ねたが、残り7周という時点で2位ライコネンが3位マッサと順位を“交換”。チームオーダーはご法度であるが、これがチャンピオンシップを考えてであることは誰の目にも明らかだ。

勝利を確信したハミルトンは、最終決戦に向けてエンジンをセーブしクルージング。ポール・トゥ・ウィンに加え、今年初のファステストラップを記録し、チェッカードフラッグをくぐりぬけた。

なお、かろうじてチャンピオンの可能性があったBMWザウバーのロバート・クビサは、6位で終わったことでこの争いから脱落。栄冠への切符は、ハミルトンとマッサのいずれかにわたることとなった。

かろうじてタイトルの可能性を残していたBMWザウバーのロバート・クビサだったが、予選11位と大きく躓き、決勝では6位でゴール。チャンピオンの夢はついえた。(写真=BMW)
かろうじてタイトルの可能性を残していたBMWザウバーのロバート・クビサだったが、予選11位と大きく躓き、決勝では6位でゴール。チャンピオンの夢はついえた。(写真=BMW)
シンガポール、日本と2連勝したアロンソは、上位3台とは勝負にならなかったものの、その他を突き放して4位でフィニッシュ。ルノーはトヨタを破り、コンストラクターズランキング4位の座を決めた。(写真=Renault)
シンガポール、日本と2連勝したアロンソは、上位3台とは勝負にならなかったものの、その他を突き放して4位でフィニッシュ。ルノーはトヨタを破り、コンストラクターズランキング4位の座を決めた。(写真=Renault)
トヨタは、予選7位のヤルノ・トゥルーリがスタートでの追突後にリタイア。ティモ・グロック(写真)は、重いマシンでスタートし1ストップ作戦を敢行、7位でゴールし2点を手に入れた。(写真=Toyota)
トヨタは、予選7位のヤルノ・トゥルーリがスタートでの追突後にリタイア。ティモ・グロック(写真)は、重いマシンでスタートし1ストップ作戦を敢行、7位でゴールし2点を手に入れた。(写真=Toyota)

■7点の差

ファイナルラウンド、ブラジルGPを前に、ハミルトンとマッサのポイント差は7点である。
ここで昨2007年の最終戦を振り返ってみたい。タイトルは、

1位ハミルトン 107点
2位アロンソ 103点(+4点)
3位ライコネン 100点(+7点)

の3人で争われ、結果、ライコネンがレースを制しワールドチャンピオンとなった。7点は、逆転可能なギャップである。

しかし、昨年とは大きく状況が異なる。まずはハミルトンの宿敵だった最大のライバル、アロンソがチーム内にいないこと。ハミルトンはマクラーレンのリソースをすべてつかい、タイトル獲得に集中できるのだ。そして今年のマクラーレンが好調さをキープしており、フェラーリに対しアドバンテージを示している点も大きい。

いっぽうのマッサは、母国の声援を受けてモチベーションは最高潮に達するはず。同時にプレッシャーもとてつもなく大きいだろう。

ブラジルでマッサが優勝しようが何位になろうが、ハミルトンは5位以上でフィニッシュすれば初タイトルを手中に収めることができる。

コンストラクターズ選手権では、フェラーリが首位をキープ。2位マクラーレンとの間には11点のクッションがある。
マクラーレンのボス、ロン・デニスは、ハミルトンのタイトルが決まれば、ブラジルでフェラーリが1-2をとってもかまわないと発言している。

すべては11月2日のブラジルGPで決まる。

(文=bg)

ホンダ勢は、ルーベンス・バリケロ(写真)がカナダ以来となるQ2通過で予選13位、決勝では11位ゴール。ジェンソン・バトンは同18位から16位。苦しい今シーズンもあと1戦である。(写真=Honda)
第17戦中国GP「7点差で最終決戦へ」【F1 08 続報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。