【スペック】ワゴンRスティングレーTS(右):全長×全幅×全高=3395×1475×1675mm/ホイールベース=2400mm/車重=880kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC 12バルブターボ(64ps/6000rpm、9.7kgm/3000rpm)/価格=155万4000円(テスト車=161万7000円/ESP=6万3000円)

スズキ・ワゴンR FXリミテッド(FF/CVT)/スティングレーTS(FF/CVT)【試乗速報(前編)】

大きな存在(前編) 2008.10.20 試乗記 スズキ・ワゴンR FXリミテッド(FF/CVT)/スティングレーTS(FF/CVT)
……118万1250円/161万7000円

日本で最も売れているクルマ「ワゴンR」。膨大なユーザーを抱えるこのクルマの、フルモデルチェンジの狙いはなにか? そしてそれは果たせたのか? 2つのグレードに乗って確かめた。

機能重視は変わらない

いつにも増して鼻息荒く見える開発陣の話によれば、軽自動車の王者たる「スズキ・ワゴンR」の新型が目指したのは、端的に言えば「道具」から「乗用車」への進化を果たすことだという。特に重視されたのは、クオリティアップと快適性の向上だ。

基本となるフォルムは大きくは変わっていない。シルエットだけでワゴンRだと認識することは難しくはないはずだ。しかし、よくよく見てみると、シンプル志向だった先代とは一転、そのスタイリングは細部まで凝ったもので、ディテールも単純に継承された部分は少ない。たとえばサイドビュー。6ライトは踏襲されていない。これはホイールベースが40mm伸び、そのぶん前後ドアを大きくできたから。この一例を見てもわかるように、表面的にそれらしく見せることより、あくまで機能を重視する姿勢にこそワゴンRらしさを込めているわけだ。しかしそれをきっちりワゴンRに見せ、しかも乗用車的な雰囲気を強めるというのはたやすい話ではなかったはず。デザイナーにとっては、難しくも腕の振るいがいのある仕事だったに違いない。

しかし、先代後期に登場し、そのまま「RR」グレードに代わるスポーティ版に位置づけられた「スティングレー」に関しては、正直評価は複雑だ。何しろワゴンRのアイデンティティである縦型ヘッドランプをあっさり捨ててしまったのだから。先代のスティングレーは、「ワゴンRはイヤだ」という人にアピールできたからというが………逆にそれゆえに買わなかった人の声も聞いてみたいところではある。

 
スズキ・ワゴンR FXリミテッド(FF/CVT)/スティングレーTS(FF/CVT)【試乗速報(前編)】の画像
「スティングレー」のインパネ。
「スティングレー」のインパネ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る