第63回:大矢アキオのパリ・モーターショー/「レトロ風情でよろめいて」

2008.10.18 エッセイ

第63回:大矢アキオのパリ・モーターショー「レトロ風情でよろめいて」

1959年「ルノー・ドフィン・キロワット」。サイドの稲妻バッジもしびれます。
第63回:大矢アキオのパリ・モーターショー/「レトロ風情でよろめいて」

50年前の市販電気自動車

「Le lundi au soleil〜」
パリサロンで取材をしていると、背後でそんな歌声がした。「陽があたる月曜」というシャンソンのイントロである。

伝説的フランス人アイドル歌手クロード・フランソワが1972年に歌った曲だ。つまり懐メロ。
振り向けば、声の主はフランス人ジャーナリストとおぼしき人物だった。「森の中でデートするには、(人が少ない)落ち着いた月曜日がいい」という歌詞からして、ご本人は「ああ、モーターショーの仕事が終わったら、休みてェなあ」という気持ちを込めていたのかもしれない。

懐メロといえば、今回のパリサロンでは、さまざまなメーカーのスタンドで歴史車両の展示が目立った。
まず地元ルノーが持ち込んだのは、往年の傑作車「ドフィン」をベースにした1959年の電気自動車だ。初期モデルは2ボルト電池×18個の36ボルトで、最高速60km/h、航続距離60kmだった。が、翌1960年モデルは6ボルト×12個の72ボルトとなり、最高速90km/h、航続距離90kmに性能アップしたという。
メーカーによると「半世紀前からEVに取り組んでいました」というアピール。当時、このクルマは市販も行われ、名前はずばり「ドフィン・キロワット」だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。