第81回:ディーゼル「アウディ」、アメリカをゆく〜「アウディマイレッジマラソン」(3日目:最終日)

2008.10.17 エッセイ

第81回:ディーゼル「アウディ」、アメリカをゆく〜「アウディマイレッジマラソン」(3日目:最終日)

1000マイルにおよぶ試乗会も、いよいよ最終日。この2日、報告される燃費値がパッとしない日本チームは、エコランを徹底してみることに。

“エコラン”徹底のはずが……

朝のドライバーズミーティング。「アウディマイレッジマラソン」にはエコランの要素もあって、当日のルート説明とともに、昨日の「成績」が告げられる。
“連日サイテー”の日本チーム。「最終日はサイコーの燃費を狙いましょう!」

風光明媚なセドナの街を出発。撮らない&止まらない、急加速厳禁のエコランモードで……でもやっぱり、じっくり写真撮りたい!

かつての主要国道「ルート66」(Historic Route 66)を走る。Valentineにある66グッズまみれのドライブインで、つかの間の休憩。写真のデニスさんは、自慢の1956年式「コルベット」を店の飾りに貸している。
「コレは1000万円。そのアウディはいくら? あー日本にはトモダチがいてね……」話は長い。

相変わらずの真っ赤な荒野を西へ西へ。オンボードコンピューターの平均燃費値はじわじわとよくなり、46.1mpg(=19.6km/リッター)に。

給油は公正に行われ、IMSA(International Motor Sports Association)のポール・ウォーカーさんが立ち合った。「優秀なディーゼル車がアメリカに普及する後押しになるでしょう。いいイベントだと思いますね」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ