【スペック】全長×全幅×全高=5097×1896×1438mm/ホイールベース=3064mm/車重=1990kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(430ps/7000rpm、50.0mkg/4750rpm)(欧州仕様車)/価格=1595.0万円

マセラーティ・クアトロポルテS(FR/6AT)【海外試乗記】

大人になった 2008.10.17 試乗記 マセラーティ・クアトロポルテS(FR/6AT)
……1595.0万円
2009年初旬に日本導入予定の「マセラティ・クアトロポルテ」。海外試乗会で、4.7リッターのハイパフォーマンスモデル「S」に試乗したリポーターは、これは単純な高性能バージョンではないと語る。

『CG』2008年9月号から転載。
伝統の縦バーが復活したグリルとLEDのインジケーターを内蔵したバイキセノン・ヘッドライトユニットが新型の特徴。
マセラーティ・クアトロポルテS(6AT/FR)【海外試乗記】

依然ユニークな存在

マセラーティ・クアトロポルテにオートマチック・モデルが追加された効果は劇的だった。昨年はじめにZFと共同開発した待望の6段AT仕様が追加されてから、その前の年は5500台程度だった全体のセールスが2007年には一気に7000台以上に急伸したのである。しかも現在はクアトロポルテの95%ほどがATモデルで占められているというから、扱いやすいマセラーティがいかに望まれていたかが分かろうというものだ。

ご承知のように原油高の影響で特にアメリカ市場での販売の急減速に悩むメーカーが多いなか、マセラーティは今年も上半期だけで前年比約40%増の4600台強を記録しており、このまま順調に推移すれば9000台を超えると見込んでいる。そのクアトロポルテに4.7リッターエンジンを積んだ「クアトロポルテS」が追加された。といっても単純な高性能バージョンではない。新型はより一層の洗練と余裕を身につけた真のラクシュリー・サルーンと言える。

つい5年ほど前まで、つまりはマセラーティ・クアトロポルテが登場するまで、サルーンの現実的なトップレンジというか、大型ラクシュリー・サルーンのマーケットは非常に限られた保守的な世界だった。選択肢は事実上メルセデス・ベンツSクラスかBMW7シリーズ、そしてアウディA8というドイツ御三家に限られ、付け加えるとしてもジャガーXJぐらいしか候補がなかったと言っていいだろう。

そこに颯爽とデビューしたクアトロポルテは実に斬新だった。フェラーリ譲りの野性味あふれるスポーティなV8エンジンと、ピニンファリーナのエレガントで贅沢なスタイル、そして5m級の大型セダンとは信じられないほど切れ味鋭いハンドリングなどの独特の個性で旋風を巻き起こし、「当たり前」の高級セダンに飽き足らなかった世の中の潜在的カスタマーの心をわしづかみにしてマセラーティ復権の立役者となったのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • マセラティ・ギブリ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 年間販売台数5万台を目指すマセラティが量販モデルとして期待を寄せる「ギブリ」の実力を検証。ライバルのドイツ勢に対するアドバンテージを探った。
  • マセラティ・ギブリS Q4(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.31 試乗記 往年の車名を冠する、マセラティの新たな4ドアサルーン「ギブリ」に試乗。その走りを、四輪駆動の上級モデル「ギブリS Q4」でチェックした。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT) 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る