「日産ノート」に1.6リッターのMTモデル追加

2008.10.15 自動車ニュース

「日産ノート」に1.6リッターのMTモデル追加

日産自動車は、「ノート」に1.6リッターエンジン搭載の5段MTモデルを追加し、2008年10月7日に発売した。

1.5リッターエンジンに、FF+CVT、4WD+4ATの組み合わせを採用する「ノート」に、新しいグレードが追加された。
新グレードの「16X」と「16RZ」は、1.6リッター直4エンジン(109ps/15.5kgm)に5段MTを組み合わせ、快適な走りを実現したモデルという。
1.6リッターモデルは、格納式カップホルダー2個付きのセンターコンソールが備わる。また、16RZはユーロサスペンションと15インチアルミホイールを採用し、スポーティな仕様としている。

価格は、16Xが140万9100円、16RZは167万4750円。共にFFのみ。

(webCG ワタナベ)

写真は「15X」
写真は「15X」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る