クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビュー

2008.10.15 自動車ニュース

クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビュー

クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビュー

トヨタ自動車は、2008年10月15日、全長3mの4人乗りコンパクトモデル「iQ」を発表。同年11月20日に販売を開始する。


クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビューの画像

クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビューの画像

クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビューの画像

■20km/リッター超の低燃費コンパクト

iQは、軽自動車より短い、全長2985mmのコンパクトなボディを最大の特徴とする。ディメンションは全長×全幅×全高=2985×1680×1500mmで、ホイールベースは2000mm。全長は軽自動車枠を40cm下回り、現在国内で新車販売されている4人乗り乗用車の中では最短となる。

車内は、パッケージングの工夫により4人が乗れるスペースを確保。エアコンユニットの小型化やシートの薄型化など、機能性を確保した上で室内空間を最大化する工夫を凝らした。

ダッシュボードを左右非対称構造としたのも工夫のひとつ。これにより助手席は通常より前方の配置で足元に十分なスペースが稼げるようにした。後席にふたり乗る場合は、助手席の後ろに大きい人、運転席後ろに小柄な人を乗せるのが、iQで4名乗車する際の最適なポジショニングである。

パワーユニットは、可変バルブタイミング機能付きの1リッターエンジンに、CVTを組み合わせた。スペックは、最高出力68ps、最大トルク9.2kgm。10.15モード燃費は23km/リッターと、多くの軽自動車を凌駕する数値をマーク。より実用燃費に近いJC08モード燃費は21km/リッターとなっている。

モデルバリエーションは、「100X」と「100G」の2モデル構成。上級の100Gでは、エアコンがマニュアルからオートにアップグレードされるほか、盗難防止装置が標準で装備される。また、100Gには、シートの一部に本革を用いたレザーパッケージ仕様が設定される。

価格は、100Xが140万円、100Gが150万円、100Gレザーパッケージは160万円。 


クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビューの画像

クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビューの画像

■充実の安全装備

ボディが小さいゆえに、安全性向上には特に力を注いだ模様だ。大きなクルマとの衝突も想定して設計した衝突安全ボディの採用をはじめ、サイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグ、リアウィンドウ カーテンシールドエアバッグなど、計9つのエアバッグを標準装備した。

また、滑りやすい路面や左右の車輪でグリップ力が異なるような状況化において、各ホイールのブレーキ制御に加え、操舵トルクをアシストする機能を備えたS-VSCを標準装備。予防安全性を高めた。このほか、歩行者の頭部や脚部の損傷低減を図ったボディ構造も、新型車ならではの特徴といえよう。

サスペンションは、フロントがストラット、リアがトーションビーム式。エンジンはレギュラー仕様で、ガソリンタンクは32リッター。タンク容量は少ないが、JC08モード燃費から航続距離を割り出すと、満タンで600km以上走れる計算となる。

トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は、「パッケージ革命を起こし、今までにないクラスレスカーに仕上げた」と話した。
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は、「パッケージ革命を起こし、今までにないクラスレスカーに仕上げた」と話した。

クルマはここまで小さくなれる!「トヨタiQ」デビューの画像

■とにかく小さい

後席は、座面が一体式、背もたれが50:50の分割可倒式。背もたれを前に倒すと床面をフラットにできるが、格納時に後席のヘッドレストを取り外す必要がある。ラゲッジ容量は、4名乗車時は32リッターとミニマム。薄型のアタッシェケースや傘を収納するのが目一杯だ。ただし、リアシートを格納すればスペースは232リッターに拡大し、大型のバッグなども積載できるようになる。

装備は、外部入力端子付きのCD付きオーディオ、アクセル操作に対するエンジンの反応を切り替え、燃費向上を図る「エコモードスイッチ」が標準で装備される。ナビゲーションシステムやディスチャージヘッドライトはオプション扱いとなる。

(webCG 曽宮)

関連記事:【Movie】トヨタiQ チーフエンジニアインタビュー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る