第372回:突撃! パリサロン2008(その2)
やっぱりフランス車には“オシャレ実用新提案”がないと!

2008.10.15 エッセイ

第372回:突撃! パリサロン2008(その2)やっぱりフランス車には“オシャレ実用新提案”がないと!

新型カングーよりカングーらしい!

ってなわけでCO2の呪文で“耳なし芳一化”してる多くのパリサロン出品車。が、そんなのばっかりと思いきや大間違い。フツーに楽しげなクルマもたくさん出てました!

なかでもイチオシは「ルノー・カングー・ビーバップ」!! なんなんだよ“ビーバップ”って? 高校の名前か!?
意味を調べるとジャズの一形態で、いわゆる和音重視の即興曲とのこと。そしてこの名をもらったクルマも、即興曲よろしくかなりぶっ飛んで遊びで作られてるうえ、遊びもある。それでいて非常にタイムリー。

というのも、いずれ日本に入ってくる新型「カングー」の今からわかりきってる一大欠点が、そのサイズ。全長4213×全幅1829mmもある。それを見事に修正してきてるのだ。そもそもカングーの良さは、長さがほぼ4mジャスト×幅1.7m以下の手頃なサイズに込められた“究極の実用性”にあった。カタチもユニークというか個性的だったが、なによりも突き詰められた道具感があり、使い勝手が良かった。しかし、ソイツはサイズアップで台無しになってしまうはずなのだ。

無論、衝突安全の点で多大なるメリットがあるんだろうが、道幅の狭い日本では魅力半減間違いなし。その上、インテリアもゴージャス化して、鉄板のむき出し部分も減ってしまった。そういう点でも新型モデルは、現行型とはイメージが違い過ぎてたのだ。

ところがコイツは、全長を342mmも縮めて3871mmにしただけではなく、ホイールベースを2.2m台へと384mmも短縮。結果、最小回転半径は4.85mを達成している。ハッキリいってコンパクトカー並みの数値だ。もちろん全幅1.8m台は相変わらず大きいけど、この取りまわしのよさは、それをかなり補ってくれるはず。

さらに驚くべきはボディ構造。ビーバップは今まで見たこともない方式の、後部スライディングルーフを採用している。これがリアに絶大なる開放感をもたらすだけではなく、見たことも聞いたこともない、“乗員のリアエントリー”を実現するのだ。
日本の法律を正式にクリアするかどうかはわからんけど、頭上が解放されており、リアエンド上のピラーがないので、左右リアシートの隙間を抜け出て、乗員が乗り降りすることができる。

たしかにフロアは高いまんまで老人にはツライだろうけど、身体の丈夫な若い人なら問題なし。特に子供なんて、楽しく乗り降りしてくれるんじゃないだろうか。
これは便利なだけでなく、実に“カングーらしい”次世代実用機能だと思った。ムードだけで売れそうだよね。

「ルノー・カングー・ビーバップ」。コンセプトカーではあるが、これに近い状態で市販されるというウワサも……。
第372回:突撃! パリサロン2008(その2)やっぱりフランス車には“オシャレ実用新提案”がないと!
ハッチゲートを開けて、後部スライディングルーフを前方に移動すると、このように人が立つこともできる。
第372回:突撃! パリサロン2008(その2)やっぱりフランス車には“オシャレ実用新提案”がないと!
リアドアがないので、このようにハッチゲートから後席にアクセスするとラクチン。
第372回:突撃! パリサロン2008(その2)やっぱりフランス車には“オシャレ実用新提案”がないと!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』