第79回:ディーゼル「アウディ」、アメリカをゆく〜「アウディマイレッジマラソン」(1日目)

2008.10.15 エッセイ

第79回:ディーゼル「アウディ」、アメリカをゆく〜「アウディマイレッジマラソン」(1日目)

ディーゼル車の開発に力を入れる「アウディ」が、ディーゼル車でアメリカ大陸を横断する試乗会「アウディマイレッジマラソン」を開催中!
……って、いったいどんなツアーなの?

デンバーからラスベガスへ

アウディマイレッジマラソンは、アウディのディーゼルモデルでアメリカを横断、その実力を試そうというイベント。コースは、ニューヨークからサンタモニカまでの4800マイル(=7700km)。日本のプレスは、そのうち「デンバー〜ラスベガス」の1000マイル(1600km)区間に参加しました。

10月13日朝9時。アメリカコロラド州デンバーのホテル前で出発のときを待つ、「アウディQ7 3.0 TDI クワトロ」(とリポーター)。日本チームの試乗車はもう少しコンパクトで、「A4 3.0 TDI クワトロ」2台と「Q5 3.0 TDI クワトロ」が1台。

「Watch for wildlife」(野生動物に注意)しながら、西をめざす。都会から30分も走れば、風景は一変してしまう。

アウディ「ディーゼル」のアピールイベントでもあるこのツアー。試乗車は、もちろんすべてディーゼル。
4500rpmのレッドゾーンと290km/hの目盛りが、かなり印象的(写真は「A4 3.0 TDI クワトロ」)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ