「三菱ランエボX」マイチェン、オプション満載の新グレードも追加

2008.10.14 自動車ニュース

「三菱ランエボX」マイチェン、オプション満載の新グレードも追加

三菱自動車工業は、「ランサーエボリューションX」をマイナーチェンジするとともに、装備を充実させた上級グレード「GSR-Premium」を設定。2008年10月9日に発売した。

■装備充実、質感向上、パワーもアップ

今回のマイナーチェンジでは「GSR」「RS」ともに、高回転域でのエンジン出力が向上したほか、リアコンビランプの一部がブラック塗装とされた。

同時に、GSRでは内装および装備に変更が施された。
インテリアでは、インパネの一部がモールやメッキリングで飾られるほか、ドアトリムおよびアームレストをソフトレザー張りに、パーキングブレーキレバーのグリップ部を本革巻きに変更。さらに、キーレスシステム、オートライト&ワイパー、寒冷地仕様、6スピーカーなどが標準装備とされた。

価格は、GSRが373万8000円(5MT)と399万円(ツインクラッチSST)。RSは315万円(5MT)となる。

■“全部載せ”の新グレード

新たに設定された「GSR-Premium」は、GSRをベースに内外装や足まわりなどに手が加えられたプレミアムグレードである。

BBS社製アルミホイールが与えられ、フォグランプ、カラードエアアウトレットなどがセットになったメーカーオプション「スタイリッシュエクステリア」を標準装備とする。
インテリアは、従来ニット仕様だったRECARO社製シート(フロント)を、シートヒーター付レザー仕様に変更。フロアコンソールボックスもソフトレザー張りとし、さらに遮音材を追加することで静粛性が高められた。
さらに足まわりには、ビルシュタイン社製ショックアブソーバー、アイバッハ社製コイルスプリング、ブレンボ社製2ピースタイプフロントベンチレーテッドディスクブレーキが採用された。
HDDナビゲーションシステム、ロックフォードフォズゲート・プレミアムサウンドシステム、サイド&カーテンエアバッグも標準で備わる。

価格はベース車から106万500円高の、479万8500円(5MT)と505万500円(ツインクラッチSST)。

(webCG 依田)

「ランサーエボリューションX GSR」
「ランサーエボリューションX GSR」
「GSR」のインテリア。
「GSR」のインテリア。
「ランサーエボリューションX GSR-Premium」
「ランサーエボリューションX GSR-Premium」
「GSR-Premium」のインテリア。
「GSR-Premium」のインテリア。
「三菱ランエボX」マイチェン、オプション満載の新グレードも追加の画像

関連キーワード:
ランサーエボリューション三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記