「SLS AMG」に591psの高性能モデルが登場

2012.11.30 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツ SLS AMG」に591psの高性能モデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2012年11月30日、高性能スポーツカー「SLS AMG」シリーズに、ハイパフォーマンスモデルの「SLS AMG GT」を追加し、発売した。

「SLS AMG GT」は、エンジンやトランスミッション、サスペンションなどに手を加えることで、「SLS AMG」の動力性能やハンドリング性能をさらに高めたモデルである。

6.2リッターV8エンジンはベース車より20psアップの591psを発生。トランスミッションの「AMGスピードシフトDCT」も制御を変更することで変速時間を短縮。よりダイレクトなシフトレスポンスを実現したという。

さらに、スポーツ走行に重点を置いた専用チューニングの2モード切り替え式電子制御サスペンション「AMG RIDE CONTROL パフォーマンスサスペンション」が与えられる。

内外装もベース車とは異なる専用の仕立てとなっており、エクステリアではドアミラーをはじめ、随所にハイグロスブラックのパーツを採用。アルミホイールも専用デザインとなっている。

インテリアはブラックを基調にレッドステッチをあしらった専用のデザイン。オプションとして「designoエクスクルーシブスタイル レザー」も用意される。

価格は「SLS AMG GT」が2650万円、「SLS AMG GTロードスター」が2750万円。納車開始は2013年3月頃を予定している。

(webCG)

「メルセデス・ベンツ SLS AMG GT」
「メルセデス・ベンツ SLS AMG GT」
「SLS AMG GTロードスター」
「SLS AMG GTロードスター」

「SLS AMG」に591psの高性能モデルが登場の画像
こちらは専用オプション「designoエクスクルーシブスタイル レザー」を選択した「SLS AMG GTロードスター」のインテリア。オプション価格は60万円となっている。
こちらは専用オプション「designoエクスクルーシブスタイル レザー」を選択した「SLS AMG GTロードスター」のインテリア。オプション価格は60万円となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る