【スペック】全長×全幅×全高=4845×1860×1490mm/ホイールベース=2815mm/車重=1790kg/駆動方式=FF/3リッターV6DOHC24バルブ(215ps/6000rpm、30.5kgm/3750rpm)/価格=499.0万円(テスト車=同じ)

シトロエンC5 ツアラー 3.0エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】

快適な時間と空間を紡ぎ出すクルマ 2008.10.14 試乗記 シトロエンC5 ツアラー 3.0エクスクルーシブ(FF/6AT)
……499.0万円

初のフルモデルチェンジでエクステリアが大きく変更されたシトロエンの中核モデル「C5」。シトロエンらしさを失うことなく2世代目へと進化した新型をワゴンモデルで試す。

やわらかな機械

久しぶりにシトロエンと一日を過ごして、気持ちいい移動感覚だけが身体に残った。とはいえ、長い時間乗っていたわけでも、飛ばしたわけでも、遠くまで走ったわけでもない。だが、後味が気持ちいいクルマには、時間も速度も距離も関係ない。乗った瞬間から心身ともにリラックスでき、それがいつまでも残るものである。

シトロエンの魅力はこの気持ちいい移動感覚にある。それを分析して言うと、フラットな乗り心地、優れたシート、静粛というよりは気に障らない機械騒音、慣れると自然に感じる各コントロール類などがあげられる。そういう要素を含めて、機械と人間との接点のあり方がいいというか、機械感覚や移動情報の、人に対する伝達回路の設計が良く考えられていることに価値がある。

メカニカル・ストレスを感じさせない「やわらかな機械」、それが歴代のシトロエンの魅力であり、その観点から見ても、新しい「C5」は紛うことなきシトロエンだった。特にツアラーと英国風に命名されたワゴン版は、さらにその個性が明瞭に発揮されていた。

ツアラーには、パノラミックガラスルーフが標準装備される。気になる紫外線もカットする、電動サンシェード付き。
ツアラーには、パノラミックガラスルーフが標準装備される。気になる紫外線もカットする、電動サンシェード付き。
 
シトロエンC5 ツアラー 3.0エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C5ツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC5 エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2010.8.20 試乗記 シトロエンC5エクスクルーシブ(FF/6AT)
    ……459.0万円

    1.6ターボと6ATを積んだ、「C5」の新グレードに試乗。シトロエンのミドルセダンはどんな走りをみせるのか。
  • シトロエンC5に60台限定の最終モデル登場 2015.5.19 自動車ニュース 日本市場ではこれが最後! 「シトロエンC5」に60台の限定モデル登場。
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • プジョー・シトロエン フルラインナップ試乗会【試乗記】 2011.12.25 試乗記 プジョー・シトロエン フルラインナップ試乗会(プジョー308SW プレミアム/シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ/プジョー207GT/シトロエンC5 セダクション)

    プジョー・シトロエンのフルラインナップ試乗会で、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載した、スタイリングの違う4つのモデルに試乗。同じエンジンで、クルマの性格はどれだけ変わるのか?
  • デトロイトショー2017(その1) 2017.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は2017年1月9日、2017年北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月22日まで)で、新型「レクサスLS」を世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る