第78回:宮古島からの報告〜サトウキビと“エコ”

2008.10.12 エッセイ

第78回:宮古島からの報告〜サトウキビと“エコ”

第78回:宮古島からの報告〜サトウキビと“エコ”

2007年3月に、宮古島市は“エコアイランド”を宣言しました。サトウキビから作ったエタノールをガソリンに混ぜ、少しでも二酸化炭素の排出量を減らそうという試みを始めています。この小さな南の島で行われている実験は、環境保護にどのような答えを見出そうとしているのでしょうか。

宮古島市役所の玄関に大きく「エコアイランド宣言」が掲げられている。
宮古島市役所の玄関に大きく「エコアイランド宣言」が掲げられている。
沖縄電力の太陽電池と風力発電の実験施設。宮古島では2003年に台風で風力発電機が倒壊するという惨事に見舞われたが、現在では再建されて電力供給を行っている。
沖縄電力の太陽電池と風力発電の実験施設。宮古島では2003年に台風で風力発電機が倒壊するという惨事に見舞われたが、現在では再建されて電力供給を行っている。

沖縄本島からさらに45分のフライト

宮古島にやってきたのは、自動車文化検定(CAR検)の取材のためでした。東京、大阪、名古屋など、全国7都市の開場で試験が開催されたのですが、宮古工業高校の生徒が受験したいということで、特別に学校を開場にして試験が行われたのです。

その様子を取材しにきたのですが、宮古島といえば最近話題のバイオエタノールで有名な島だということを思い出しました。せっかく1800kmも飛行機で飛んでくるのですから、ついでに(と行っては失礼ですが)そのあたりの事情も見ておこうと思ったのでした。

東京から沖縄本島まで約2時間のフライトのあと、さらに45分ほどかけて宮古島空港に到着します。地図で見ると、あとほんの少しで台湾という場所なのです。

恥ずかしい話ですが、宮古島についての僕の知識は相当に間違ったものでした。日本の果ての小さな孤島、というイメージを勝手に作っていたのですが、実際には島のまわりをぐるりと1周すると約100kmほどにもなる大きさでした。もちろん鉄道は敷かれていないので、取材の移動はクルマに頼るしかありません。まずは、空港の近くでレンタカーを借りることにしました。

マツダレンタカーで「ベリーサ」を受け取りました。このクルマに入れられているのは、残念なことに普通のガソリンです。バイオエタノールは、実証実験として一部の公用車に使われているだけなのです。

島内のすべてのGSでE3を取り扱っているわけではなく、指定の数か所のみで販売されている。
島内のすべてのGSでE3を取り扱っているわけではなく、指定の数か所のみで販売されている。
E3事業を展開しているりゅうせきの宮古支店。
E3事業を展開しているりゅうせきの宮古支店。

「我たが美ぎ島・みゃ〜く」

宮古島で使われているバイオエタノールは、「E3」と呼ばれるものです。日本にはなぜかもうひとつバイオエタノールの規格があって、こちらは「ETBE」という方式です。E3は環境省が、ETBEは経済産業省と石油連盟が推していて、対立はおさまっていません。お互いに言い分があるようなのですが、素人にはよくわからない議論です。もしバイオエタノールを導入することが急務なのだとしたら、このような対立を続けることがもっとも避けるべきことのような気もします。

実際にE3を使って公用車を走らせている宮古島市役所に話を聞きにいきました。市役所の正面玄関には、シーサーがにらみをきかす後ろに「宮古島エコアイランド宣言」と書かれた看板が大きく掲げられていました。この宣言は2008年3月に制定されたもので、資源とエネルギーを大切にし、ゴミを減らして「我(ばん)たが美(か)ぎ島(すま)・みゃ〜く」を作ると謳っています。

この事業を担当している部署は、「企画制作部 地域戦略局 エコタウン推進室」というところです。なぜか案内板には記載がなく、受付で場所を聞いて行ってみても見つかりません。エコ事業が広く浸透するには、まだ時間がかかるようです。

なんとかエコタウン推進室にたどり着くと、「かりゆしウェア」に身を包んだ室長以下3人の方にお話を聞くことができました。さすがに本場、かりゆしウェアが板についています。クールビズなんていう付け焼き刃の言葉を使わなくても、普通に夏の正装という感じです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ