第62回:ピニンファリーナの市販EV公開! 亡きアンドレアの夢ひらく

2008.10.11 エッセイ

第62回:ピニンファリーナの市販EV公開! 亡きアンドレアの夢ひらく

仏伊合作

今年2008年のパリサロンは、「エコカーの祭典」といっても過言ではない。
シトロエンとルノーのコンセプトカーは、ヨーロッパで市販が期待されているディーゼル・ハイブリッド搭載を謳い、2代目「ホンダ・インサイト」コンセプトや「シボレー・ボルト」といった市販型ハイブリッド車などが公開された。

電気自動車もルノーのコンセプト「Z.E.」や「三菱 i MiEV」といった大メーカーのものから、小メーカーのものまで、おびただしい数が出品された。

そうした飽食状態ともいえる怒涛のエコカー展示のなかで、主要自動車メーカーでないにもかかわらず、ひときわ注目を集めた1台がある。「ボロレ ピニンファリーナ Bゼロ」と名づけられた4ドアの電気自動車だ。
フランスの複合企業Bollore(ボロレ)グループとイタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナとの共同開発によるものである。

バッテリーは、ボロレがグループ企業のバスカップ社で15年にわたる経験をもつリチウム・メタルポリマー電池を採用している。電圧410ボルト・出力45kWで、20万kmメインテナンスフリーの繰り返し充電が可能だ。本体重量は300kgでフレームの中央に搭載される。
また制動力を回生して蓄電するスーパーキャパシタも、その分野に強いボロレによるものである。

航続距離は250kmで、最高速は電子制御により130km/hに設定されている。0-60km/h加速の公表値は6.3秒だ。さらにルーフとフロントマスクには、補機類に電力を供給するためのソーラーパネルがビルトインされている。

ちなみにボロレは、2005年からジュネーブショーで、ピニンファリーナのフランスの子会社「マートラ・エンジニアリング」と共同開発した電気自動車「ブルーカー」のプロトタイプを毎年展示してきた。Bゼロはその後継モデルにあたる。

「ボロレ ピニンファリーナ Bゼロ」。手前は電池(右)とスーパーキャパシタ(左)。
第62回:ピニンファリーナの市販EV公開! 亡きアンドレアの夢ひらく
フロントマスクにはソーラーパネルが装着されている。
第62回:ピニンファリーナの市販EV公開! 亡きアンドレアの夢ひらく
ソーラーパネルを見事デザインに取り入れている。
第62回:ピニンファリーナの市販EV公開! 亡きアンドレアの夢ひらく

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。