「ルノー・メガーヌRS」、LSDが標準装備に

2008.10.10 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌRS」、LSDが標準装備に

ルノー・ジャポンは2008年10月10日、「メガーヌ」のハイパフォーマンスバージョン「メガーヌRS(ルノー・スポール)」に、一部変更を加え、同日販売を開始した。

変更の対象となるのは、「メガーヌRS」の5ドアハッチバックモデル。コーナリング時などにトラクション性能を確保するLSDが標準装備とされた。他の部分での変更はなし。
なお注文生産となる3ドアモデル(左ハンドル)は以前と変わらず、LSDは装備されない。

価格は、従来より10.0万円高くなり、410.0万円のプライスタグを下げる。

(webCG 本諏訪)

「ルノー・メガーヌRS」(写真は欧州仕様車)
「ルノー・メガーヌRS」(写真は欧州仕様車)

関連キーワード:
メガーヌR.S.ルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る