三菱、「アウトランダーPHEV」の予約受付開始

2012.11.30 自動車ニュース

三菱、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の予約受付を開始

三菱自動車は2012年11月30日、2013年1月に発売を予定しているプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の予約受付を開始した。

「アウトランダーPHEV」は、2012年10月に発売された新型「アウトランダー」をベースに、三菱が独自に開発した「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載したものだ。

駆動システムは前輪用と後輪用、それぞれのモーターを搭載した「ツインモーター4WD」で、航続可能距離はJC08モードで897km。満充電からのEV走行距離は60.2km(いずれも目標値)となっており、その後はモーター主体のハイブリッド走行に切り替わる。充電時間の目安はAC200Vなら約4時間で満充電。急速充電ならおよそ30分で、12kWhのバッテリーを約80%まで充電することができる。

またエンジンで発電して停車中・走行中に充電できる「バッテリーチャージモード」や、車載のコンセントから最大1500Wの電気が取り出せる給電機能など、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッド車ならではの機能も取り入れられている。

グレードは「E」「G」「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の5種類。先進の安全装備である「e-Assist」は「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の3グレードに標準装備。「G Premium Package」には本革シートも用意される。

価格については、経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」が適用されることを前提に試算した場合、顧客の実質的な負担額が「E」で 300 万円以下、「G」で約 320 万円からとなる予定だ。

(webCG)

「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 三菱、「アウトランダー」を一部改良し発売 2017.2.16 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月16日、SUV「アウトランダー」に一部改良を実施するとともに、新グレード「20Gナビパッケージ」を設定し、同年3月2日に発売すると発表した。
ホームへ戻る