三菱、「アウトランダーPHEV」の予約受付開始

2012.11.30 自動車ニュース

三菱、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の予約受付を開始

三菱自動車は2012年11月30日、2013年1月に発売を予定しているプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の予約受付を開始した。

「アウトランダーPHEV」は、2012年10月に発売された新型「アウトランダー」をベースに、三菱が独自に開発した「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載したものだ。

駆動システムは前輪用と後輪用、それぞれのモーターを搭載した「ツインモーター4WD」で、航続可能距離はJC08モードで897km。満充電からのEV走行距離は60.2km(いずれも目標値)となっており、その後はモーター主体のハイブリッド走行に切り替わる。充電時間の目安はAC200Vなら約4時間で満充電。急速充電ならおよそ30分で、12kWhのバッテリーを約80%まで充電することができる。

またエンジンで発電して停車中・走行中に充電できる「バッテリーチャージモード」や、車載のコンセントから最大1500Wの電気が取り出せる給電機能など、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッド車ならではの機能も取り入れられている。

グレードは「E」「G」「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の5種類。先進の安全装備である「e-Assist」は「G Safety Package」「G Navi Package」「G Premium Package」の3グレードに標準装備。「G Premium Package」には本革シートも用意される。

価格については、経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」が適用されることを前提に試算した場合、顧客の実質的な負担額が「E」で 300 万円以下、「G」で約 320 万円からとなる予定だ。

(webCG)

「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」

関連キーワード:
アウトランダーPHEV三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る