第371回:突撃! パリサロン2008(その1)
これはもはや“CO2原理主義”だ!!

2008.10.10 エッセイ

第371回:突撃! パリサロン2008(その1)これはもはや“CO2原理主義”だ!!

いきなり「GREEN PEACE」の洗礼……

とある海外試乗会が終わった後、少しフランクフルトで時間があったんで「2008 MONDIAL DE L'AUTOMOBILE」こと2008年パリモーターショーにクルマで行ってみることにした。パリはフランクから片道約600km。ひとり往復1200kmは正直キツイと思ったけど、たまにはいいかなぁと。それもすでにプレスデイは終わってて、一般公開日の日曜日入り。それもまたよしかなと。
そしたらね、残り物には福があるじゃないけど、いきなりちょっとばかしいつもと違う対応が(笑)。

プレスパス取得も面倒なんで、12ユーロの入場料を払うべく並んでいたところ、突然妙な女性が近づいてきた。オキテ破りの逆ナンか!? とは全然思わなかったけど、渡されたのはチラシ。そこには「120g/km de CO2 en 2012」の文字が……。そう、「自動車のCO2平均排出量を2012年までに1kmあたり120gにしないと、地球温暖化が!!」ってなフランス語の警告なんですね、たぶん(笑)。そして肝心の主張元は世界的環境保護団体「GREEN PEACE」様!

いやこれがウワサに聞いた「GREEN PEACE」の意見行動っていうか政治活動とは……。日本でも同様のが無くはないけど、ホントある種の布教活動みたい。
でもたしかにコレは今回のショーを暗示してましたね。だって、会場に入っても「CO2」「CO2」の嵐なんだもん。ここ数年、どこもずっと環境のためのモーターショーだったけど、その怨念っていうか思いがもはや「CO2」というお題目に集約されている感じ。恐ろしいくらいに。


第371回:突撃! パリショー2008(その1)これはもはや“CO2原理主義”だ!!

第371回:突撃! パリショー2008(その1)これはもはや“CO2原理主義”だ!!
「GREEN PEACE」のスタッフが、ニコニコしながら持っているのは……。
第371回:突撃! パリショー2008(その1)これはもはや“CO2原理主義”だ!!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』