クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】2.0TFSIクワトロ:全長×全幅×全高=4290×1765×1430mm/ホイールベース=2575mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1700-5000rpm)/価格=439.0万円(テスト車=510.0万円/S-lineパッケージ=42.0万円/HDDナビゲーション=29.0万円)

アウディA3スポーツバック 1.4TFSI(FF/7AT)/2.0TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗速報】

進化は見た目以上 2008.10.10 試乗記 アウディA3スポーツバック 1.4TFSI(FF/7AT)/2.0TFSIクワトロ(4WD/6AT)……366.0万円/510.0万円
存在感の増したフロントマスクもさることながら、エンジンとトランスミッションが改められより進化した「A3スポーツバック」。2種類のエンジンの走りと乗り心地を試す。

すべて「直噴ターボ+Sトロニック」化

ヘッドライトにLEDポジショニングランプを内蔵したり、テールランプに光ファイバーを利用するなどして、確かに、新しさをアピールはするものの、全体的にはマイナーチェンジ前のイメージを受け継いでいる最新の「A3スポーツバック」。マイチェン前モデルのオーナーもひと安心いうところだろうが、見た目とは裏腹に、中身の変更は意外に大きい。

その最たるものが新しいパワートレインだ。マイナーチェンジを境に、全グレードともエンジンは直噴ターボのTFSIに、トランスミッションはツインクラッチタイプのSトロニックに変更されているのだ。

ラインアップは、1.4リッターエンジンを搭載する「1.4TFSI」と1.8リッターの「1.8TFSI」、そして、2リッターの「2.0TFSIクワトロ」の3モデル。このうち、1.4TFSIと1.8TFSIには、高効率・軽量コンパクトな7段Sトロニックが組み合わされる。一方、2.0TFSIクワトロはこれまでと同じ6段Sトロニックを搭載しながら、4WDシステムを手に入れたことで、最上級モデルに生まれ変わっている。

エンジンとトランスミッションがこれだけ変われば、ビッグマイナーと呼んでも差し支えないだろう。さらに新しいA3スポーツバックでは、「TTシリーズ」に搭載される電子制御ダンピングシステム「アウディ マグネティックライド」をオプションとして設定したり、クワトロに用いるハルデックスカップリングを最新の第4世代にアップグレードするなど、注目すべき点は目白押し。そんなA3スポーツバックのなかから、1.4TFSIと2.0TFSIクワトロの2台を試乗会でチェックすることができた。

エントリーモデルの「1.4TFSI」の内装。テスト車は、本革フロントシートヒーターやウッドパネル、パーキングシステム、ナビゲーションシステムなどがオプションで備わる。
エントリーモデルの「1.4TFSI」の内装。テスト車は、本革フロントシートヒーターやウッドパネル、パーキングシステム、ナビゲーションシステムなどがオプションで備わる。 拡大
【スペック】1.4TFSI:全長×全幅×全高=4290×1765×1430mm/ホイールベース=2575mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付(125ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=299.0万円(テスト車=366.0万円/バイキセノンパッケージ=10.0万円/HDDナビゲーション=29.0万円/SEパッケージ=28.0万円)
【スペック】1.4TFSI:全長×全幅×全高=4290×1765×1430mm/ホイールベース=2575mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付(125ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=299.0万円(テスト車=366.0万円/バイキセノンパッケージ=10.0万円/HDDナビゲーション=29.0万円/SEパッケージ=28.0万円) 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
新しくラインナップされた1.4リッター直噴ターボエンジン。125ps/5000rpmの最高出力と20.4kgm/1500-4000rpmの最大トルクを発生する。7段Sトロニックの組み合わせにより、従来の1.6リッターNAモデルと比べ、出力で23ps、トルクは5.3kgmアップする。
アウディA3スポーツバック 1.4TFSI(FF/7AT)/2.0TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗速報】

プレミアムなエコ・コンパクト

まずは1.4TFSIを試す。1.4リッターの直噴ターボにSトロニックの組み合わせは、事実上「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン」と同じ燃費自慢のパワートレインだ。これを搭載する1.4TFSIは、300万円を切るエントリーモデルという位置づけ。しかしそこはさすがアウディ、廉価版という感じは全然しない。
もともとインテリアの質感が高いうえに、レザーステアリングやオートエアコンが備わるし、足もとにもアルミホイールがおごられるなど、上位グレードに引けを取らない装備内容を誇るからだ。

荷室容量は、FFモデルで、約370〜1100リッターを確保。クワトロモデルでは、リアにハルデックスカップリングやリアデフ、ドライブシャフトといったパーツが加わるため、約70リッター少ない。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
アウディA3スポーツバック 1.4TFSI(FF/7AT)/2.0TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗速報】

走らせた印象も、これまでの「アトラクション」グレード以上に“豪華”だ。マイチェン前の1.6リッターがやや頼りなかったのとは打って変わり、1.4TFSIエンジンは低回転でも自然吸気の2リッター級の余裕があり、7段Sトロニックと組み合わされて、発進、変速ともにスムーズ。街なかでも実に扱いやすい。
4000rpmを超えたあたりからは徐々に勢いが衰えてくるものの、あまり高回転まで引っ張らず、高めのギアを使うようにすれば、加速に不満は感じない。

さすがと思わされたのがA3スポーツバックの静粛性。以前、VWゴルフTSIトレンドラインを試乗したとき、ギアボックスが放つガチャガチャという音が気になったのだが、A3スポーツバックではそのあたりがうまく封じ込められていた。もともとA3スポーツバックのほうが遮音がいいのか、それともエントリーグレードといえども遮音材をケチらなかったのか理由はわからないが、カタログだけではわからない上質さがこのクルマにはあったのだ。

アウディA3スポーツバック 1.4TFSI(FF/7AT)/2.0TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗速報】

乗り心地は、205/55R16のP7が多少バタつくことはあるものの、サスペンションの動きはしなやかで、実に快適。高速の直進性やフラット感も申し分ない。ワインディングロードではノーズの軽さが軽快感につながっている。燃費も走りも質感もバランスよく手に入れた1.4TFSIは、プレミアム“エコ”コンパクトと呼びたいモデルである。

クワトロはよりスポーティに

カタログから姿を消した「3.2クワトロ」に代わり、A3スポーツバックの最上級モデルに昇格したのが「2.0TFSIクワトロ」だ。
エンジンはマイナーチェンジ前と基本的には変わらないが、28.6kgmの最大トルクをこれまでより100rpm低い1700rpmから発揮できるようになったのが細かな違い。しかし、一番の関心は、マイナーチェンジでFFからフルタイム4WDのクワトロに変わったことだ。これまでの「3.2クワトロSライン」(495万円)より56万円も安く手に入るようになったのだから!

さっそく走らせてみると、2000rpm以下でもトルク豊かな2.0TFSIエンジンのおかげで、動き出しにもっさりした印象はなく、FF時代に比べて70kgの重量増も気にならない。それどころか、発進時には多少後ろから押される感じもあって、早くもクワトロの恩恵が見られるのだ。
走り出せば、強力なトルクが持続するエンジン特性のおかげで、どこからでも加速が可能。しかも、フルタイム4WDらしく、ドライ路面ならパワーを持て余すこともない。1.4TFSIと違い、トップエンドまで気持ちよく吹け上がるのも2.0TFSIの魅力である。

そんなスポーツ系モデルをワインディングロードに持ち込めば、締め上げられたサスペンションがロールやピッチングを抑え込み、ベーシックモデルとは一線を画する軽快さを示す。出口が見えたところでアクセルを踏み込むと、やはりここでも後輪が押し出す感覚をともないながら、コーナーを駆け抜けていく。というわけで、FFの時代よりもさらにスポーティさに磨きがかかった2.0TFSIクワトロなのである。

いまや日本で販売されるアウディの4台に1台がこのクルマというほど、高い人気を誇るA3スポーツバックは、マイナーチェンジによりさらに魅力的に進化を遂げ、これからもアウディのエントリーモデルとして大きく貢献するのは確実のようだ。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

2.0TSFIの運転席まわり。
2.0TSFIの運転席まわり。 拡大

アウディA3スポーツバック 1.4TFSI(FF/7AT)/2.0TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗速報】の画像 拡大

アウディA3スポーツバック 1.4TFSI(FF/7AT)/2.0TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗速報】の画像 拡大

関連キーワード:
A3スポーツバックアウディ試乗記

あなたにおすすめの記事