新型マツダ・アクセラが世界初公開【LAショー08】

2008.10.09 自動車ニュース

【LAショー08】新型マツダ・アクセラが世界初公開

マツダは、2008年11月19日に開幕するロサンゼルス・モーターショーに、新型「Mazda3」(邦名:アクセラ)の4ドアセダン版を出展すると発表した。

■目指したのは、爽快感ある走りの実現

今回ロサンゼルス・ショーでデビューを飾る「Madza3」は、日本で「アクセラスポーツ」と「アクセラ」の2種類があるうちの後者、すなわち4ドアセダンのほうである。セダンは「実用車」的なイメージが強いかもしれないが、新型アクセラは、ずいぶんとスポーティな印象だ。

新型の開発にあたっては、「ドライバーの爽快感を極めること」をコンセプトに、あらゆる要素を磨き上げたと謳われる。

具体的には新型のテーマは主に3つあるとか。ひとつは、俊敏で一体感ある走りをさらに高めること。もうひとつは、燃費、環境、安全性能、静粛性などをクラストップレベルまで引き上げること。そして、上質感とダイナミックさを併せ持つ新しいスタイリングを創り上げること。この3つのポイントを主軸に、日本、ヨーロッパ、アメリカ全拠点の総力を結集したという。

Mazda3は、マツダの全販売台数の約3分の1を占め、世界100ヵ国で約180万台が販売された実績を持つ。同社を代表するグローバルスポーツコンパクトとして、重要なモデルである。

今回のショーに出展されるのは、2リッターまたは2.5リッター搭載のセダンのみだが、追って5ドアハッチバックも発表される模様だ。

(webCG 曽宮)

Mazda3セダン(北米仕様)
Mazda3セダン(北米仕様)

新型マツダ・アクセラが世界初公開【LAショー08】の画像

新型マツダ・アクセラが世界初公開【LAショー08】の画像
関連記事 ホームへ戻る