レクサス、青山にインターナショナルギャラリーオープン!

2008.10.09 自動車ニュース
レクサス、青山にインターナショナルギャラリーオープン!

レクサス、青山にインターナショナルギャラリーオープン!

トヨタ自動車は、2008年10月10日、東京港区北青山に「レクサスインターナショナルギャラリー青山」と「レクサス青山」をオープンする。

「インターナショナルギャラリー」。この日展示していたのは、2008年のデトロイトショーでデビューした「LF-Aロードスター」。
「インターナショナルギャラリー」。この日展示していたのは、2008年のデトロイトショーでデビューした「LF-Aロードスター」。
現在60カ国で販売しているレクサス。主要国のカタログが並ぶ。
現在60カ国で販売しているレクサス。主要国のカタログが並ぶ。
オリジナルグッズは、コレクションごとに展示される。
オリジナルグッズは、コレクションごとに展示される。

■“インターナショナル”がポイント

1392平方メートルと都心のディーラーとしては広い延床面積を持つ「レクサス青山」。高さ12メートルの全面ガラス張りのショールームは、青山の街並みに溶け込むような演出がされているという。入って右側にギャラリーが、正面から奥がショールームとなる。

「レクサスインターナショナルギャラリー青山」は、東京高輪、東京台場のMEGA WEB、名古屋本社ミッドランドスクウェアに続く、全国で4か所目のギャラリー。
モーターショーなどに出展されたコンセプトカーや世界各国のカタログ、アメリカなどで放映するテレビCMが見られる。また、レクサスオリジナルグッズの展示・販売もする。

“インターナショナルギャラリー”を名乗るだけあって、他にはない外国人を対象とした情報提供サービスも行う。
バイリンガルスタッフによるレクサスの商品説明(試乗)はもちろん、日本でのドライビングサポートとして、免許の切替えや、分かりにくい道路標識の説明、レジャースポットの情報などを提供する。
休日は、6か国語(英語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語、ロシア語)に対応できるよう専門のスタッフを揃えているという。

この日は、「LS」「GS」「IS」「SC」が展示されていた。
この日は、「LS」「GS」「IS」「SC」が展示されていた。
ショールームを裏から望む。写真手前に見えるのがプレゼンテーションルーム。
ショールームを裏から望む。写真手前に見えるのがプレゼンテーションルーム。

■165店舗目のショールーム

入口を入って正面にあるショールームは、奥に向かって縦長のスペースに4台のクルマを展示するほか、納車式などができるプレゼンテーションルームや、コンサルティングデスク、サービスデスクなどが備わる。
都心にありながら、他のショールームと同様にサービス工場も完備。ショールーム地下には、洗車を兼ねた4つのストールと検査ライン1つを添え、点検・整備なども行う。

ショールームは、音や香りなどでもレクサスのプレミアム感を演出している。ヤマハが開発した音環境デザインを採用し、間接音響や音ビームによる心地よい音の流れや、レクサスオリジナルのアロマの香りで空間を演出する。

レクサスインターナショナルギャラリー青山/レクサス青山
住所:東京都港区北青山2-5-8
営業時間:平日 9:30ー19:00(火曜日定休)
土日祝日:10:00−19:00

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。