【スペック】GT2:全長×全幅×全高=4470×1850×1285mm/ホイールベース=2350mm/車重=1480kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(530ps/6500rpm、69.3kgm/2200-4500rpm)/価格=2642万円(テスト車=2648万6000円/クレストエンボスヘッドレスト=3万4000円/フットレスト3万2000円)

ポルシェ911GT3RS(RR/6MT)/GT2(RR/6MT)【試乗記】

テイスト違いの最高峰 2008.10.09 試乗記 ポルシェ911GT3RS(RR/6MT)/GT2(RR/6MT)
……2093万6000円/2648万6000円

生粋のスポーツカー、「ポルシェ911」。その頂点に君臨する2つのハイパフォーマー「GT3RS/GT2」に試乗した。さて、2台のキャラクターの違いとは……?

鍛え抜かれたサラブレッド

40年を遥かに超える歴史を有しながら、今なお「最新のスポーツカー」として揺るぎないポジションを守り抜く「ポルシェ911」。そのラインナップの中の“さらに特別な1台”が欲しいという人は、いつの時代も必ず存在する。

例えば、「より速く、よりゴージャスに」というポテンシャルを追い求める人に対する回答が“ターボ”であり、「オープンエアの開放感とクーペ同様の耐候性が、同時に欲しい」というわがままな要求に対する回答が“タルガ”という具合。
そうした観点からすると、ポルシェ911ほどきめ細かくユーザーの声に応えるモデルをラインナップする例は、世界にも数少ないことがわかる。

現在の911シリーズの中で、特にサーキット指向の強いモデルには“GT”の名が与えられる。「GT2」「GT3RS」は、共に「特別なエンジン」を搭載して、911が備える高い運動性能をさらにブラッシュアップしたモデル。生粋のサラブレッドにさらなる特別な調教を施し、日々鍛錬を重ねた末に世に送り出されたアスリートがこのモデルたちだ。

「GT2」のインパネ。
「GT2」のインパネ。

ポルシェ911GT3RS(RR/6MT)/GT2(RR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る