【スペック】GT2:全長×全幅×全高=4470×1850×1285mm/ホイールベース=2350mm/車重=1480kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(530ps/6500rpm、69.3kgm/2200-4500rpm)/価格=2642万円(テスト車=2648万6000円/クレストエンボスヘッドレスト=3万4000円/フットレスト3万2000円)

ポルシェ911GT3RS(RR/6MT)/GT2(RR/6MT)【試乗記】

テイスト違いの最高峰 2008.10.09 試乗記 ポルシェ911GT3RS(RR/6MT)/GT2(RR/6MT)
……2093万6000円/2648万6000円

生粋のスポーツカー、「ポルシェ911」。その頂点に君臨する2つのハイパフォーマー「GT3RS/GT2」に試乗した。さて、2台のキャラクターの違いとは……?

鍛え抜かれたサラブレッド

40年を遥かに超える歴史を有しながら、今なお「最新のスポーツカー」として揺るぎないポジションを守り抜く「ポルシェ911」。そのラインナップの中の“さらに特別な1台”が欲しいという人は、いつの時代も必ず存在する。

例えば、「より速く、よりゴージャスに」というポテンシャルを追い求める人に対する回答が“ターボ”であり、「オープンエアの開放感とクーペ同様の耐候性が、同時に欲しい」というわがままな要求に対する回答が“タルガ”という具合。
そうした観点からすると、ポルシェ911ほどきめ細かくユーザーの声に応えるモデルをラインナップする例は、世界にも数少ないことがわかる。

現在の911シリーズの中で、特にサーキット指向の強いモデルには“GT”の名が与えられる。「GT2」「GT3RS」は、共に「特別なエンジン」を搭載して、911が備える高い運動性能をさらにブラッシュアップしたモデル。生粋のサラブレッドにさらなる特別な調教を施し、日々鍛錬を重ねた末に世に送り出されたアスリートがこのモデルたちだ。

「GT2」のインパネ。
ポルシェ911GT3RSRS(RR/6MT)/GT2(RR/6MT)【短評】

ポルシェ911GT3RSRS(RR/6MT)/GT2(RR/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
ホームへ戻る