「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場

2008.10.08 自動車ニュース
「インプレッサ アネシス」
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場

「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場

富士重工業が、「スバル・インプレッサ」にセダンモデルを追加するなどの改良を加え、2008年10月8日に発売した。

「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像

■ニューモデルの名は「アネシス」

2007年6月のフルモデルチェンジで、5ドアのハッチバックボディに生まれ変わった「インプレッサ」シリーズに、4ドアセダン版が追加された。トランク付きのニューモデルの名は、「インプレッサ アネシス」。

アネシスは、リアオーバーハングを延長し、そこにゴルフバッグを4つ収納できるトランクルームを備えたセダンモデル。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4580×1740×1475mmで、5ドアのハッチバックモデルより165mm長い。

リアドアより前は5ドアモデルと共通だが、光輝タイプのヘッドランプや専用フロントグリルを採用するなど、5ドアとの差別化が図られた。

搭載エンジンは、1.5リッターNAと2リッターのNAのみ。5ドアには設定のある2リッターターボや、高性能版「WRX」系は設定されず、今後も追加予定はないという。

「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像

■5ドアもちょっと進化

セダン登場を機に5ドアにも一部改良が施された。改良の主なポイントは、内外装の小変更と新グレード追加など。

外観は、フロントグリルのウイング部に金属調の塗装を施したほか、2リッターモデルにLEDサイドターンランプ付きドアミラーを装備するなどし、質感と機能性の向上を図った。インテリアは、後席中央にヘッドレストと3点式シートベルトを標準装備したのも新しい。

また、1.5リッターと2リッターモデルにぞれぞれ装備を充実させた新グレード「1.5i-L」と「2.0i-S」を追加した。

価格は、5ドアのインプレッサが、「1.5i」の147万円から「2.0GT」の262万5000円まで。インプレッサ アネシスは、「1.5i」の157万5000円から「2.0i-S」の217万3500円まで。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
フォレスタースバルインプレッサ・セダン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • ジャガーEペースR-Dynamic S P300 AWD/EペースS D240 AWD【海外試乗記】 2018.2.21 試乗記 ジャガーの新型コンパクトSUV「Eペース」がいよいよ公道に降り立った。“身の丈サイズ”のボディーに力強い2リッターエンジンを搭載し、スポーティーなフットワークを備えた「Fペース」の弟分の仕上がりは上々。ヒットの予感に満ちている。
ホームへ戻る