「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場

2008.10.08 自動車ニュース
「インプレッサ アネシス」
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場

「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場

富士重工業が、「スバル・インプレッサ」にセダンモデルを追加するなどの改良を加え、2008年10月8日に発売した。

「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像

■ニューモデルの名は「アネシス」

2007年6月のフルモデルチェンジで、5ドアのハッチバックボディに生まれ変わった「インプレッサ」シリーズに、4ドアセダン版が追加された。トランク付きのニューモデルの名は、「インプレッサ アネシス」。

アネシスは、リアオーバーハングを延長し、そこにゴルフバッグを4つ収納できるトランクルームを備えたセダンモデル。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4580×1740×1475mmで、5ドアのハッチバックモデルより165mm長い。

リアドアより前は5ドアモデルと共通だが、光輝タイプのヘッドランプや専用フロントグリルを採用するなど、5ドアとの差別化が図られた。

搭載エンジンは、1.5リッターNAと2リッターのNAのみ。5ドアには設定のある2リッターターボや、高性能版「WRX」系は設定されず、今後も追加予定はないという。

「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像
「スバル・インプレッサ」に4ドアセダン登場の画像

■5ドアもちょっと進化

セダン登場を機に5ドアにも一部改良が施された。改良の主なポイントは、内外装の小変更と新グレード追加など。

外観は、フロントグリルのウイング部に金属調の塗装を施したほか、2リッターモデルにLEDサイドターンランプ付きドアミラーを装備するなどし、質感と機能性の向上を図った。インテリアは、後席中央にヘッドレストと3点式シートベルトを標準装備したのも新しい。

また、1.5リッターと2リッターモデルにぞれぞれ装備を充実させた新グレード「1.5i-L」と「2.0i-S」を追加した。

価格は、5ドアのインプレッサが、「1.5i」の147万円から「2.0GT」の262万5000円まで。インプレッサ アネシスは、「1.5i」の157万5000円から「2.0i-S」の217万3500円まで。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る