【スペック】全長×全幅×全高=3600×1655×1470mm/ホイールベース=2365mm/車重=980kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC 16バルブ(75ps/5500rpm、10.9kgm/4250rpm)/価格=198万円(テスト車=同じ)

ルノー・トゥインゴ(FF/5AT)【試乗記】

一点だけ、曇りアリ 2008.10.08 試乗記 ルノー・トゥインゴ(FF/5AT)
……198.0万円

1993年以来、14年の長きにわたって製造された「ルノー・トゥインゴ」がフルモデルチェンジ。お洒落なだけでなく実力も備えたフレンチコンパクトであるけれど、「一点の曇りナシ」というわけにはいかなかった……。

のび太からスネ夫へ

以前にちらっと写真で見た新型「ルノー・トゥインゴ」は、先代とはまったく別のクルマに思えた。先代が丸メガネの「のび太」だとすれば、新型はイヂワル顔の「スネ夫」。本気で中古を探すくらい先代トゥインゴが好きだったので、写真を見ながら「俺の好きだったトゥインゴは終わったんだ」と、ちょっと寂しくなった。

けれども、試乗会会場で間近に見て、乗って、走ってみると、トゥインゴは終わっちゃいなかった。新型もしっかりとトゥインゴらしさを継承しているのだ。まずは先代と同じように円をモチーフとした意匠の中に配置されたドアノブをカチャッと上に上げてドアを開ける。

シートのサイズはそれほど大きくない、というかむしろ小さめ。それなのにお尻から腰、そして背中にかけてをほっこりと包み込む、不思議な掛け心地は健在だ。これはトゥインゴらしさというよりも、ルノーらしさと言うべきか。

のび太からスネ夫に変わった外観と同じくらい、インテリアもイメチェンを図った。先代の内装は、色も形もFrancfrancでも売っている雑貨小物みたいにポップで楽しいものだったけれど、新型はちゃんと(?)自動車っぽくなっている。少しドライバー側に角度が付いたセンターメーターや、ステアリングホイールの奥に配置されたタコメーターなどでちょこっと遊びつつ、ブラック&グレーをベースにした配色で無難にまとめている。

正直、乗り込んだ瞬間に陽気な気分になった先代のインテリアを懐かしく思い出したわけですが、いろいろと試してみると「おっ、いいじゃん」という方向にコロッと傾いた。


ルノー・トゥインゴ(FF/5AT)【短評】
初代「ルノー・トゥインゴ」は14年間で240万台が販売されたが、日本では約5000台にとどまった。これは初代には右ハンドルが設定されていなかったという理由が大きい。今回は、イギリス仕様をベースにした右ハンドル仕様を日本に導入している。生産はスロベニア工場。
ルノー・トゥインゴ(FF/5AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る