ホンダF1記者会見 日本GPは“雨だのみ”(?)【F1 08】

2008.10.07 自動車ニュース

【F1 08】ホンダF1記者会見 日本GPは“雨だのみ”(?)

F1世界選手権第16戦、日本GPを目前に控えた2008年10月7日、ホンダ・レーシングF1チームの記者会見が開かれた。

「マシンの開発が遅れてしまって……」会の冒頭からホンダの大島裕志常務が顔をしかめたように、今年のホンダはパッとしない。
第9戦イギリスGPでバリケロが表彰台に立ったものの、15戦を終えてドライバーズランキングは18人中14位。ジェンソン・バトンにいたっては、最下位という有様だ。

中本修平デュピティマネージングディレクターも「エアロの開発が遅れたため、今シーズンは不調を引きずってしまった」と同様のコメントを重ねながら、しかし、「ドライバーのヤル気は高まっているし、日本GPはよい結果が出せればと期待している」と語気を強めた。

当のドライバーからは、「フジは天候が予測しにくいが、抜きどころもあっていいと思う」(バトン)の声。昨年ほどの雨はゴメンだが……と前置きしつつ、ふたりそろって「多少なりとも雨が降ればホンダにも勝機があると思う」と日本GPに対する期待を述べた。

近いところに明るい話題が乏しいためか、記者会見ではレギュレーションが変わる来期の話にも多くの時間が割かれた。

チームプリンシパルをつとめるロス・ブラウン氏いわく、「今年は、レギュレーションが変更される来シーズンに向けて犠牲を払う必要があった」のであり、「マシンに義務付けられるエネルギー回収システム(KERS)の仕様など、未知のことにフレキシブルに対応できるように努力している」。
それゆえ、「次のシーズンのことは楽観視しています。すばらしい年になるでしょう」。前向きなコメントも聞くことができた。

(webCG 関)


ホンダF1記者会見 日本GPは“雨だのみ”(?)【F1 08】の画像
広報・モータースポーツ担当常務執行役員の大島裕志氏。「今季の成績は冴えないが、フジでは全力を尽くします」
広報・モータースポーツ担当常務執行役員の大島裕志氏。「今季の成績は冴えないが、フジでは全力を尽くします」
タイヤやエアロにも変更が予定される来シーズンについて語る、ロス・ブラウン氏。
タイヤやエアロにも変更が予定される来シーズンについて語る、ロス・ブラウン氏。
ドライバーのふたりは、初のナイター(シンガポールGP)が気に入った様子。「毎年1戦でもあれば、もりあがっていいと思う」とはバトンの弁。
ドライバーのふたりは、初のナイター(シンガポールGP)が気に入った様子。「毎年1戦でもあれば、もりあがっていいと思う」とはバトンの弁。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。